天気予報

20

-2

みん経トピックス

八王子でまちづくり実践入門八王子で本当は怖い法律の話

スープカレー店「奥芝商店 八王子片倉城」が1周年 限定メニューも

スープカレー店「奥芝商店 八王子片倉城」が1周年 限定メニューも

1周年を受け4日間限定で販売する「海賊カリー」

写真を拡大 地図を拡大

 スープカレー専門店「奥芝商店 八王子片倉城」(八王子市片倉町、TEL 042-683-1148)が2月16日、オープン1周年を迎えた。

ちゃぶ台やブラウン管テレビなどモダンな内装を施した店内

 札幌から進出したスープカレー店「奥芝商店 八王子田代城」(子安町4)の支店として昨年オープンした同店。京王線・京王片倉駅から徒歩10分ほどの場所にあり、カウンター席・テーブル席に加え、ちゃぶ台などを置いた畳敷きのスペースを用意。札幌の本店が古民家の一軒家を活用した店だったことからブラウン管テレビや電子レンジ、ストーブなどを飾るなどして昭和レトロな印象の店内に仕上げた。

 エビやチキンなどベースとなるスープとチキンや野菜などメイン、トッピング、辛さ、ライスの量をそれぞれ選んで注文。「スペシャル限定カリー」として月替わりのメニューや自家製プレーンラッシー(400円)などカレーに合うドリンクメニューも多く用意するほか、平日はテークアウトにも対応している。

 10~60代のカレー好きに人気の「奥芝商店」。「作るのに時間がかかるものなので、時間に余裕のある方がお客さま。座敷が広いこともありお子さま連れが多い」と店を手掛けるココロバ(元横山町2)の田代祐也社長。子安町の店と異なり厨房にオーブンがあることから、メインの一つに「奥芝流ハンバーグ」を用意するなどオーブンを売りにしたメニューも展開しているという。

 1周年にあたり、16日から4日間限定で「海賊カリー」(1,600円)を提供。ハンバーグや骨付きチキン、豚角煮、黒ベーコンなどさまざまな食材を一度に味わえるもので、「人気食材のオールスターを集めたもの。日頃の感謝としてやらしていただく」。多く用意できる日でも1日あたり15食程度となる予定で、「食べたい方は早めに来ていただければ」とアピールする。

 「子安町の店は待ち時間が結構あるので、『2時間待つなら』とこちらにいらっしゃる方も。非日常的な時間を売ると考えているので、旅行気分やタイムスリップのような気持ちをくつろいでもらいたい」と田代さん。「飲食店としておいしいものを出すのは当たり前。味・雰囲気・サービスの三角形をバランスよく広げていくために日々進化していきたい。『当たり前のことを当たり前に継続していく』という言葉が好きなので、おごることなく一期一会の一杯を意識し、時代に合わせていいものを作っていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~14時、17時30分~20時30分(日曜・祝日は11時~19時)。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

アクセスランキング