3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ

八王子のギャラリーカフェが1周年-若手作家を中心に展示、地域の活性化目指す

「MODESTE」店主の望月さん

「MODESTE」店主の望月さん

  • 0

  • List
  •  

 ギャラリーカフェ「MODESTE」(八王子市元横山町3、TEL 042-686-0758)が7月6日、オープンから1周年を迎えた。

「MODESTE」の店内

 オリジナル家具の設計・製作などデザイナーとして活動する望月成一さんが店主を務める同店。ギャラリースペースに加え、通常時でカウンター=3席、テーブル=6席のカフェスペースも設け、コーヒーブレンド(450円)、カフェオレ(500円)、アイスコーヒー(450円)などのメニューを展開。さまざまな催しも行われており、今月27日には水をテーマとしたアートワークを手がける池田一(いち)さんのトークイベントが行われる予定。

[広告]

 東京造形大学や多摩美術大学など美術系の学校も多い八王子。しかし、作品展となると都心で行われることが多く、「高いお金を払って、大変な思いをして、友達が来て終わりということもある」と望月さん。そこで、市内に個展やグループ展ができるようなスペースを作ろうと計画。独立から10年が経った昨年、実行に移すことにした。「学生や若手の作家にとってのショールームのような店を作りたかった」と望月さん。

 出店に当たっては、企業の事務所として使われていたビルの1階を改装。床の貼り替えなどリフォーム作業の多くを望月さん自身が行うなどこだわった。「なるべく既製品を使わないこともコンセプトだった」と望月さん。

 これまでにガラス工芸や陶芸、木工などさまざまなジャンルのアーティストを紹介。地域の活性化の拠点として、八王子・田町地区を舞台としたアートプロジェクト「Tamachi Renovation Project(田町リノベーションプロジェクト)」にも参加している。

 「八王子にはいい素材はあると思っている。それをつなげて、どうやって線を面にしていくか。八王子のステータスを上げることが大事」と望月さん。「ここに来れば八王子の面白いことがわかるような店にしたい」としたうえで、「ここに集まってきた人たちで新たな仕事が生まれるハブのような店になるといい」と今後に期待を込める。

 営業時間は10時30分~18時30分。日曜・月曜定休。

Stay at Home

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?