食べる

ユーミン「中央フリーウェイ」の工場がラベルに-中央道全通30周年で

中央道全線開通30周年の記念ラベルが貼られた「サントリー オールフリー」

中央道全線開通30周年の記念ラベルが貼られた「サントリー オールフリー」

  •  
  • List

 中日本エクシス(八王子支店=八王子市八日町)が現在、今年11月の中央自動車道(中央道)全通30周年に向け、さまざまな記念企画を行っている。

市内にある石川パーキングエリア

 中央道は東京、山梨、愛知の各都県を結ぶ高速道路で、総延長は約367キロ。1967(昭和42)年の調布インターチェンジ~八王子インターチェンジ間の開通を皮切りに、1982(昭和57)年11月10日には最後の区間となる勝沼インターチェンジ~甲府昭和インターチェンジが開通。今年で全線開通から30年を迎える。

[広告]

 30周年を前に同社ではロールケーキ専門店「ARINCO」(文京区)とコラボして、新たなスイーツ「中央フリーウェイ 想い出のパイ」(980円)を開発。サントリーともコラボを図り、ノンアルコール飲料「サントリー オールフリー」の30周年限定版を沿線のサービスエリアやパーキングエリアで販売することにした。

 同飲料は稲城インターチェンジ~国立府中インターチェンジ間から眺める事ができるサントリー武蔵野ビール工場(府中市)で製造。「荒井由実さんの曲『中央フリーウェイ』でも登場するなど中央道の風景に入っており、縁もある」(同社担当者)として、「共同で祝おうという事になった」という。今回は、30周年の記念ロゴや1970(昭和40)年代の工場の写真をデザインしたオリジナルのラベルを用意。缶に貼り付けて販売する。

 9月からは毎月30日に、うどんやそば、カレーライスなどの割引販売も行う。市内の石川パーキングエリア(八王子市石川町)では10月・11月に実施予定で、上り線では、「天玉そば」「天玉うどん」を550円から300円、下り線ではカレーライスを500円から300円にする。

 「『当時の価格で出せたら』という思いで企画したもの。結果的には感謝価格という形になった」と担当者。談合坂サービスエリアでは、1982(昭和58)年当時の素うどんを復刻させるなど、「これを機会に昭和の時代の雰囲気を感じ取ってほしい」と話す。各日100食限定。

 30周年を迎える11月10日・11日には記念イベントも予定。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?