3密を避けて新しい生活様式へ!

「ファンキーモンキーベイビーズ」解散へ-地元の反応は?

2010年には八王子観光大使に就任した「ファンキーモンキーベイビーズ」

2010年には八王子観光大使に就任した「ファンキーモンキーベイビーズ」

  •  
  • List
  •  

 八王子出身のヒップホップミュージシャン「ファンキーモンキーベイビーズ」が11月29日、来年の全国ツアーをもって解散することを公式ホームページで発表したことを受け、地元の反応を聞いた。

京王電鉄の制服を着用したDJケミカルさん

 ファンキーモンキーベイビーズは2004年に結成。メンバーはファンキー加藤さん、モン吉さん、DJケミカルさんの3人で、2006年1月にシングル「そのまんま東へ」でメジャーデビュー。同曲では、今年6月に営業を終了した八王子駅ビルの屋上遊園地「ナウプレイランド」(現在の「セレオ八王子店 北館」屋上、八王子市旭町)でPVを撮影するなど地元・八王子との強い結びつきの中で活動を展開。2010年には八王子観光大使に就任し、高尾山薬王院(高尾町)での節分会に出席したほか、地元の商店やイベントとコラボするなど音楽活動以外でも、さまざまな活動を行ってきた。

[広告]

 今回の解散について、3人は公式ホームページに「FUNKY MONKEY BABYSを応援してくださっているファンの皆さまへ」と題した記事を掲載。来年実施する全国ツアー「WE ARE FUNKY MONKEY BABYS TOUR」をもって解散するとした。理由については、DJケミカルさんが実家の寺の住職を継ぐこととなり、その準備に入るため音楽活動を続けることが困難になったと説明。「DJケミカルのいないFUNKY MONKEY BABYSはFUNKY MONKEY BABYSではない」とも。

 八王子経済新聞では、この情報を29日早朝に編集部の公式ツイッターやフェイスブックで紹介。900回を超えるリツイートの中には驚きの声とともに、「八王子の有名人だったので残念」などのコメントも寄せられた。

 解散発表を受け、八王子市産業振興部観光課の担当者は「朝のニュースで聞いて驚いた」とコメント。観光大使制度については八王子観光協会が運営するものとしたうえで、「解散となれば協会で今後どうするか考えていくことになると思う」と説明する。京王線・京王八王子駅の列車接近メロディーを「ファンモン」の楽曲「ヒーロー」と「あとひとつ」にしている京王電鉄の広報担当者は「今は特に何も決まっていない」と答えた。

 市内でメンバーをラッピングした「ファンモンバス」を運行する西東京バス(明神町3)の担当者は「突然の報道に驚いている」と回答。「西東京バスは最後までファンキーモンキーベイビーズを応援し続ける」とし、現在運行している「ファンモンバス」については、「ファンキーモンキーベイビーズと共に走り続けていきたい」と話す。

 最後のツアーは来年1月13日に北海道をスタート。3月31日のさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)でのライブがラストステージとなる。

Stay at Home

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?