見る・遊ぶ 学ぶ・知る

スマホアプリ「AR滝山城跡」 450年前の城の姿紹介、「ウジテラーズ」も活用へ

「AR滝山城跡」を試す石森孝志八王子市長

「AR滝山城跡」を試す石森孝志八王子市長

  •  
  • List
  •  

 八王子市は4月21日、国指定史跡の滝山城跡を紹介するスマートフォンアプリ「AR滝山城跡」の配信を始める。

「AR滝山城跡」を紹介するチラシ

 全国でも有数の中世城郭跡として知られる同所。戦国時代の1521年に大石定重が築城後、大石氏が娘婿(むこ)として迎え入れた北条氏照が入城し居城としたもので、丘陵上に築かれた山城は自然の地形を生かした堀や土塁などで構築。現在は大部分が都立滝山自然公園となっており、春には桜の名所となっている。

[広告]

 今回は同所への新たな誘客手段として観光アプリを開発。拡張現実を活用し、公園内10カ所に設置されたARマーカーをスマートフォンやタブレット端末で読み取り、周囲の風景にかざすことで、約450年前の滝山城の情景をイラストで表示するほか、音声ガイド機能も付けた。ARは二の丸や本丸、城門、櫓(やぐら)などの静止画のほか、槍(やり)や弓を持った兵士による戦いの様子など全10種類を用意する。

 AR以外にも北条氏照などのキャラクターが登場し、生い立ちや滝山城の築城までの経緯などを紹介する「滝山アニメ」、散策ルートや見どころなどを紹介する「滝山マップ」機能なども搭載。英語や中国語での表示にも対応しており、インバウンド客の誘客も狙う。

 アプリは今月発足した市認定のボランディアガイド団体「ウジテラーズ」が実施するガイドツアーでも活用される予定で、「このアプリをきっかけに、より多くの方に滝山城跡を訪れてほしい」と石森孝志八王子市長。

 アプリはiOS、Androidに対応。ダウンロード無料。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?