天気予報

29

19

みん経トピックス

高尾山で「節分会」はちぷり、チケット販売苦戦

レストラン「Kitchen ROCCO」が3周年 おつまみメニュー強化、酒も楽しめる空間に

レストラン「Kitchen ROCCO」が3周年 おつまみメニュー強化、酒も楽しめる空間に

「Kitchen ROCCO」の店内

写真を拡大 地図を拡大

 八王子駅南口から徒歩5分の場所にあるイタリアンを中心としたレストラン「Kitchen ROCCO(キッチン・ロッコ)」(八王子市子安町3、TEL 042-649-6323)が1月17日、オープン3周年を迎えた。

3周年に合わせて、メニューの看板もリニューアル

 大竹高等専修学校(台町3)の教員も務めたシェフ・中野太郎さんが手掛ける同店。2015年1月にオープンし、カウンター席・テーブル席・ソファ席を合わせて30席ほどを用意する。

 「イタリアンベースの洋食屋」をコンセプトにさまざまなメニューを展開。「チキンのトマト煮込み」をベースにみそを使うなどして日本人の舌に合うよう工夫した「ロッコチキン」(Sサイズ=330円、Mサイズ=650円、Lサイズ=1200円)を中心に、「揚げナスと八王子ベーコンのトマトソース」「ロッコのはちナポ」などのパスタやピザ、日替わりのソースを使ったチキンソテーなどの肉魚料理、サラダなどを提供する。

 八王子育ちという中野さん。ホテルやレストランでシェフとして働いた後、大竹高等専修学校の教員に就任。未来の料理人を目指す子どもたちを9年にわたって指導してきた。「生徒たちに教えていく中、本当の職業教育をするには現場に戻って八王子の皆さんに料理を浸透させたいと思った。飲食店と合わせて料理教室ができるようなところを持ちたいと思ったのがそもそものスタート。教員になっていなければ店を作ろうとは思わなかったと思う」と中野さん。「南口には小さくて面白い店がたくさんあることに気づき、店をやるなら南口の方が可能性があると思った」とも。

 ファミリー層からビジネスマンまで幅広い客層に利用されている同店。3周年に合わせて酒も楽しめる店になろうとバルスタイルへのリニューアルを実施。国産のクラフトビールやワインなどを提供するほか、「ベーコンと玉ねぎのポテトサラダ」「イタリア風冷製卵焼き」「アンチョビキャベツ」「ヤゲンナンコツの唐揚げ」などのおつまみを強化。同メニューには、380円・480円・680円・880円と一律価格を導入するなど新たな展開も始めた。

 今後は開店当初からの目的の一つだった料理教室の開催に加え、地元店とのコラボなども進めていきたいという。中野さんは「ただの飲食店で終わってしまっては僕のやりたかったことが実現できないで終わってしまう。地域の方と楽しいイベントもやっていけたら。八王子の名物となる料理なども作っていきたい」と意気込む。

 営業時間は、ランチ=11時30分~15時、ディナー=17時~22時30分。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

アクセスランキング