暮らす・働く

京王堀之内に室内遊園地「東京あそびマーレ」 1年通じて雪遊びできるアトラクションも

館内を1周する「ミニレールウェイ」

館内を1周する「ミニレールウェイ」

  •  
  • List

 京王相模原線・京王堀之内駅に直結する商業施設「ビア長池」(八王子市別所)新館2階に4月27日、親子向けの室内遊園地「東京あそびマーレ」がオープンする。

空気を使ったさまざまなエア遊具も用意する

 大阪の室内遊園地「ATCあそびマーレ」など全国でレジャー施設を手掛ける山崎屋(石川県金沢市)が運営する同施設。約6700平方メートルの空間に20以上のアトラクションを取りそろえており、「日本最大級の室内親子遊園地」をうたう。

[広告]

 1周約240メートルの新幹線をモチーフにした「ミニレールウェイ」のほか、電動ゴーカートやパワーショベルなど車をモチーフにしたアトラクションなど子ども向けの遊具を多数用意。空気を使ったさまざまエア遊具のほか、香川県のうどん作りを体験できる「親子うどん教室」なども取りそろえる。

 目玉の1つが1年を通じて雪遊びを楽しむことができるアトラクション「スノータウン」で、同社は「日本初登場」とうたう。通常の空調で雪を維持・管理できるシステムを採用。体感温度18~20度に調整された空間の中でそり遊びなどを楽しむことができる。

 スーパーマーケットの三和、100円ショップのダイソー、ドラッグストアのサンドラッグなども営業する施設であることから、「買い物などに来られた近隣のお客さまはもちろん、遠方から電車や車でお越しのお客さまにも一日中お楽しみいただける施設」とアピールする。

 営業時間は10時~19時。入場料は1,000円(土曜・日曜・祝日は1,200円)。「スノータウン」や「親子うどん教室」など一部のアトラクションは別料金。保護者同伴の12歳までの子どもを対象としており、大人だけでの入場不可。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?