東京造形大学で学生自主制作展-「ミス・ミスター」コンテストも初企画

スタッフの意気込みの動画なども掲載している公式ホームページ

スタッフの意気込みの動画なども掲載している公式ホームページ

  •  
  • List
  •  

 東京造形大学(八王子市宇津貫町)は9月19日・20日、学生自主制作展「Creative Spiral(クリエイティブ・スパイラル)」を開く。

 同大学の自治会と実行委員会が主催する同展は、学生の作品展示をメーンに据えたイベント。昨年より始め今回で2回目。日ごろの創作活動を学外に示す場としての役割のほか、在学生と卒業生、近隣住民などの地域社会とコミュニケーションを図る場としても使われており、学園祭や文化祭を実施しない同大学では、これらに代わる大きなイベントになっている。

[広告]

 今年のテーマは「造形チャンネル」。学生一人ひとりがチャンネルとなって、学内外とつながっていくという意味が込められた。「CSはただの学祭ではなく学生の作品展示をメーンに、各企画が制作物を通じて来場者や学生同士のつながりを作り出す『メディア』としてとらえ展開している」と同実行委員会渉外部担当の石岡さん。

 スタッフは約40人。9つの部署に分かれて学生たちが運営を行う。「学生が主体の企画なので、大学側や学生との企画の打ち合わせを何度も行い運営がスムーズに進むように準備してきた」と石岡さん。「作品展示では各団体がプレゼンテーションを行い、投票によって展示場所を決定した。プレゼンテーションを行うことで、質の高い展示となるようにしている」。

 今年の特徴に「学生間でも盛り上がることのできるイベントとしてミスコンを企画した点」を挙げる石岡さん。学生の中から「ミス造形」「ミスター造形」を選ぶ「ミス&ミスターコンテスト」はホームページ上で候補者を紹介するなど、さまざまな趣向を凝らした。「当日は学生だけでなく教授や来場者も巻き込みミス、ミスター造形を選出する」。

 また、「ものを作り出していく大学として、その魅力を最大限に発揮できるようなイベントとなっている」という言葉通り、学生の作品展示だけでなく、大学周辺の小学生を対象としたワークショップなども開講。「造形生も美大生も高校生も子どももおじいちゃんもおばあちゃんも、そもそも『造形ってなんだろう』という方もみんながワクワクして楽しんで、そして何かを得ることができるような、そんなイベントになれば」と石岡さん。

 開催時間は、19日=10時~18時、20日=10時~18時30分。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?