学ぶ・知る

八王子市、省エネテーマソング制作-ボーカルは初音ミクが担当

市ホームページで公開された「はちおうじ省エネ国」のテーマソング「えこちゃん グリちゃんの 省エネ だいすき」。ボーカルには「初音ミク」を使った。

市ホームページで公開された「はちおうじ省エネ国」のテーマソング「えこちゃん グリちゃんの 省エネ だいすき」。ボーカルには「初音ミク」を使った。

  •  
  • List
  •  

 八王子市は8月20日、市が進める地球温暖化対策事業「はちおうじ省エネ国」のテーマソングとアニメーションを市ホームページで公開した。

 「はちおうじ省エネ国」は家庭でのエネルギー使用量削減を目的に2001年に開始。家庭を一つの国ととらえ、参加する世帯を募集。家庭で使用する電気などの使用量をチェックシートに記し、毎月点検し自覚することで地球温暖化防止を目指す。「家庭での省エネルギーの推進は非常に大きな課題の一つ。大人が嫌々我慢しながら取り組むのではなく、子どもたちと楽しみながら省エネを実践することにより、家族全体が自然に省エネに取り組むことが理想」と事業を進める市環境部環境政策課の水越さん。

[広告]

 2008年度にはエコバッグとマイはし、マイボトルを常に持ち歩いている省エネ好きの女の子「えこちゃん」と一緒にいるドングリの子「グリちゃん」というイメージキャラクターが登場。「さまざまな部署の職員有志12人から成る自主研究グループを立ち上げ、『えこちゃん』『グリちゃん』を使い、子どもたちが楽しく省エネに取り組むことができるアイテムを企画した」と水越さん。この中で、テーマソングの企画が持ち上がった。

 メンバーらは終業後にミーティングや作業を実施。楽曲制作に約半年、アニメーション制作に約3カ月の時間をかけた。「基本的にすべてメンバーである職員とその家族で制作した」。歌詞は参加するメンバー全員でアイデアを出しあい、作曲や編曲は音楽に詳しいメンバーが担当。「子どものいるメンバーの意見を参考に、歌詞にストーリー性を持たせてある」と水越さん。

 ボーカルはクリプトン・フューチャー・メディア(北海道札幌市)が開発した音声合成ソフトウエア「初音ミク」を使い、「テンポ良く、印象的なフレーズを繰り返すことにより、覚えやすく口ずさみやすいよう工夫した」。アニメーションは職員の家族が下絵を描き、それを別のメンバーがパソコンで仕上げた。「コミカルさを加えて、映像だけでも楽しく見られるようになっている」と水越さん。

 6月に行われた「八王子環境フェスティバル」や市が主催する環境シンポジウム、地球温暖化防止の啓発イベントなどの場で上映してきたが、今回、ホームページを通じて誰でも好きなときに見ることができるようにした。「今後は希望者へのDVD配布なども検討していきたい」と水越さん。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?