宮崎・前田畜産、八王子に精肉店「スウィートポーク」-初の直営小売り

11月29日にオープンした「前田さん家のスウィートポーク」。不動産店だった建物を精肉店に改装した

11月29日にオープンした「前田さん家のスウィートポーク」。不動産店だった建物を精肉店に改装した

  •  
  • List

 前田畜産(宮崎県都城市)は11月29日、京王高尾線・山田駅近くに自家農場の肉を扱う精肉店「前田さん家のスウィートポーク」(八王子市緑町、TEL. 042-621-4129)をオープンした。

期間限定で「スウィートポーク」の試食も実施

 宮崎を中心に農場8カ所、豚舎94棟を抱える同社。今回、自家農場で育てた豚肉を扱う専門店として八王子へ出店。同社初の直営店となる。「家族を中心に40年くらい豚を養ってきた」と店舗責任者の前田初子さん。「宮崎はしばらく口蹄(こうてい)疫で大変だった。店を昔から開きたかったこともあり、この機会に始めることにした」。

[広告]

 初出店の地として八王子を選んだのは、タレントの所ジョージさんがきっかけ。「テレビを見て八王子に何か作っているらしいということで、近くに行こうかなと…」と前田さん。その後、出店を進めるに当たって、インターネットで調査をしたり現地の不動産店を訪ねたりする中で印象はさらに良くなったという。

 「スウィートポーク」は甘いを意味する「Sweet」と麦を意味する「Wheat」から成る造語。霧島山系の水を与え、麦類を多く配合した飼料を使うなどこだわった点を言葉としてまとめた。「麦は甘くて臭みのない肉になる。オリゴ糖を与えると肉に甘みが出る」。輸送の際にも冷凍を行わず、チルドの状態で店に届けるなどこだわった。「扱っているものはどれもおすすめ」と前田さん。

 オープンに合わせ、24日から「ブヒッター」の名でツイッターも始めた。語尾に「ブー」をつけ、「兄弟が1万6,000頭になったブー。みんな名字は前田だブー」など店や農場に関わるものだけでなく、「ツイートしすぎて痩せそうだからご飯食べてちょっと寝るブー」など日常的なツイートも行っている。

 「自分の養っている豚を安く売れたら。豚だけにトントンでいければいい」と前田さん。「今後はメンチカツなど総菜もやっていきたい」と意気込む。

 営業時間は10時~19時。水曜定休。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?