3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

前作で累計1,300人から支援を集めた『カジメイク ピラルク レインシェイカー』シリーズ第2弾!革新的フード搭載のビジネス・通勤向けレインコートが、Makuake開始4日で支援者600人達成!

リリース発行企業:株式会社カジメイク

情報提供:

雨の日の通勤・通学の安全性を飛躍的にUP!回転式フードと着脱可能バイザーの特許技術を採用したレインウェア『PIRARUCU(ピラルク) バッグインコート』を、一般流通販売に先駆けてクラウドファンディング「Makuake」にて提供中!




高い機能性とコストパフォーマンスで、日本有数のレインウェア取扱量を誇る株式会社カジメイク(所在地:富山県高岡市、代表取締役社長:鍛冶 功一、以下カジメイク)は、クラウドファンディング「Makuake」にて、前作で累計1,300人からの支援を集めたレインスーツ(雨具)の第2弾「ピラルク バッグインコート」を、5月29日よりMakuakeにて販売開始し、わずか4日間で支援者600人を達成しました。



昨年末、Makuakeにて安全性能と機能性・デザインを両立させた特許技術採用の革新的レインウェア『PIRARUCU(ピラルク)レインシェイカー』の販売を開始したところ、1,300人を超える方々にご支援いただくことができました。

そしてこのたび、5月29日より『PIRARUCU レインシェイカー』第2弾としてお届けしているのは、第1弾でのサポーターの皆様からのご要望も多かった、よりビジネスや日常利用に特化したレインコート『PIRARUCU(ピラルク)バッグインコート』になります。本リリースでは、こちらの商品に関する機能性と特徴をご紹介します。








コンセプトは、「雨の日 × 自転車」。通勤・通学の安全性を飛躍的にUP!



『PIRARUCU(ピラルク)バッグインコート』は、毎日の通勤や通学などに使いやすいコート丈タイプ。スッキリとしたシルエットと動きやすさを両立した立体裁断によって、都市の生活にも自然に溶け込みます。背中にはスナップボタンで開閉するリフレクター付きのマチが付き、リュックの上からすっぽりと羽織ることが可能です。




特許技術の新開発「超快適・安全な回転フード」×「着脱式レインバイザー」





今作でも、フードとボディ部分を分離し、独自開発のガイドレールによって連結することで、首を振った時のねじれを完全に取り払い、視界の広さを正面を見ているときとまったく変わらず首振りすることを可能にし、さらに首を動かした際の衣服の突っ張り感も解消することを実現しています。



雨でも前がよく見える!顔が濡れない!



たとえフードをしっかり被っていても、正面から来る雨粒までは防げません。女性は特に顔が濡れるとメイクが崩れてしまって困るし、男性でも眼鏡をかけている人は、雨で前が見にくくなって危険ですよね。

そこであると助かるのが、レインバイザーと呼ばれる雨用のサンバイザーです。雨具と同時にレインバイザーを装着することで、視界はさらに良好で安全に、メイク落ちも防げて女性にもうれしい。雨の日には手放せない小物です。バッグインコートには、このレインバイザーを標準で装備。しかも、このバイザーは、ボタンによってフードと完全に連結することができます(こちらも特許技術の採用です)。これによって、さらにフィット感と防水性がアップ。激しい雨でも良好な視界と快適な運転を可能にしました。

ちなみにこのバイザー、UVカット率も90%有しており、晴れの日の紫外線防止にも最適です。


また、持ち運びもコンパクトにフードに収納できて、スッキリ。取り外したバイザーとともに、これなら鞄にかさばることなく、軽量で持ち運びも楽ちんです。




街使いにもピッタリの「コート丈」スタイル


リュックを背負わないときには、スナップボタンで見た目スッキリ。

都会の日常で使いやすい、長めのコート丈スタイルだから、日常にも、スーツに合わせてビジネスカジュアルにも。洗練されたデザインは上品なスタイルにもマッチします。







背中にはバッグを背負ったまま着用可能なマチ付き


背中にはリュックを背負っても窮屈にならないリフレクター付きのマチがあり、リュックごとすっぽりと被ることができます。リュックを背負わないときにはスナップボタンで見た目スッキリ。

※バッグイン時、リュックの収納サイズは、30リットルくらいまでの対応となります




【開発ストーリー】カジメイクについて


アウトドアの専門家やプロが見ても、十分な実用性と独創性を備えた「PIRARUCU(ピラルク)バッグインコート」が、どうして本格アウトドアブランドではなく、主に汎用製品を手掛けていたメーカーから誕生できたのか?

その秘密は、製品を手掛けた開発チームと、カジメイクの一貫した生産体制にあります。新規に立ち上げられた製品の開発チームである「IDI事業部」を率いているのは、これまでスポーツ・アウトドア・アパレルブランドのデザインを長く手掛けてきた石曽根裕(いしそね・ゆたか)氏。

世界的な化学繊維メーカーであるポーラテック製品のコンテスト「POLARTEC APEX AWARDS」を過去に2度受賞した実績をもち、本格アウトドアブランド「MILLET(ミレー)」で現在でもプロダクトデザインを手掛ける彼がカジメイクに加わることで、アウトドア業界の最前線での経験とノウハウを活かし、ワークシーンや日常生活に今までなかったアイデアとクオリティを備えた製品開発をスタートさせました。

「アウトドアの機能性・快適性・デザイン性の高さを、日常生活に」



IDI事業部の製品づくりで常に念頭に置いているコンセプトです。アウトドアで培った常に最高の安全性・機能性・デザイン性・実用性を追求することと、「快適な生活必需品」としていいものを安く提供するという理念をどう両立させるかということ。アウトドアの機能性・ファッション性とワークウェアの実用性を融合した結果生まれたのが、これまでのレインウェアの常識にとらわれない発想で、高い機能性とデザイン性を両立させた第一弾の「PIRARUCU(ピラルク)レインシェイカー」シリーズでした。

第一弾をMakuakeで展開できたことで、忌憚のないご意見や貴重なレビューを、数多くいただきました。そこで、よりビジネスの通勤活用に寄せた製品として「バッグを濡れずに背負えるタイプのものがほしい」という声を取り入れ、今回第二弾となる「PIRARUCU(ピラルク)バッグインコート」の開発に着手しました。

この「PIRARUCU(ピラルク)」というブランドシリーズは、ホンモノを知る開発チームと、それを多くの人に届ける仕組みを持つ生産体制が揃ってはじめて可能になる製品、と胸を張って言えます。

Makuakeには、SNSのような見た目重視で人気を生む商品とは違い、実際にご利用されることを前提とした品質クオリティとデザインが求められる場ですので、私たちの商品を実際に手にとって、理解いただく場にはとても合うことがわかりました。今回も、皆様の声をしっかりと組み入れ、今後の製品開発にまた反映させていただければ幸いです。



クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、先行販売開始!




今回も、一般発売に先駆けて「PIRARUCU(ピラルク) バッグインコート」の先行割引予約販売をクラウドファンディングサービス「Makuake」にて開始しております。

ぜひ、いち早くお手にとって、その実用性を確かめてみてください。雨の日に自転車に乗る皆様も、そうでない方も、より安全で快適な雨の日をきっと実感していただけるはずです。

↓掲載URLはこちら↓
https://www.makuake.com/project/kajimeiku2/





前回好評いただいた第1弾「ピラルク レインシェイカー」も、防水バッグとのお得なセット販売を実施! クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で、本日6/5 プロジェクトスタート!


さらに、累計1,300人から支援を集めた前作『カジメイク ピラルク レインシェイカー』シリーズでは、防水バッグとの新たなセット販売プロジェクトがクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、本日6月5日よりスタート。お手元に届くタイミングを6月中としたことで、本格的な梅雨シーズンを、この1着で快適に過ごしていただくことができます。


↓掲載URLはこちら↓
https://camp-fire.jp/projects/view/282841

※文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です
※記載されている内容は、発表日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください




会社概要



株式会社カジメイク

資本金      3,300万円
売上高      平成30年7月期 59億58百万円
設立       昭和25年8月10日
代表者      鍛冶 功一
事業内容     レインウェア・カジュアルウェア・作業用品製造販売並びに輸入販売
従業員数     111名(平成30年8月1日現在)
ホームページ:https://www.kajimeiku.co.jp/
自社レインコート通販サイト『アメトハレ』:https://www.ametohare.jp/


【本社】
〒933-0054 富山県高岡市古定塚10-1
TEL 0766-23-3322 FAX 0766-23-7732


【神宮前事務所】
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-33-6 テスチュード302
TEL 03-6427-9705 FAX 03-6427-9706

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?