プレスリリース

月商594万円を稼ぎ出す2坪の極小キッチン 108万円からスタートした1年半の軌跡と飲食業界の新しい戦い方

リリース発行企業:株式会社SENTOEN

情報提供:


働き方の変化やおうち時間の過ごし方が変わり、飲食業界も大きな変化を迫られています。私たちは2018年6月にクラウドキッチン*1「KitchenBASE」の運営を開始、自身も1つのキッチンに入り、飲食業界初挑戦ながら10個の直営ブランドを育ててきました。

*1 店舗を持たず、オンラインデリバリーのみでサービスを提供するゴーストレストランの集合体




・最初の月の売上は108万円。10ブランドで試行錯誤を繰り返し、見えてきた売れるブランドの作り方

もちろん最初から売上がよかったわけではなく、直営店の初月の売上は108万円。

実店舗のある飲食店での売り方とデリバリーのみの飲食店の売り方は全く異なり、写真の撮り方・商品説明の工夫・デリバリーで売れるメニューの開発、商品を作るまでのスピードやオペレーションなど、10ブランドを通して様々な知識やノウハウを蓄積してきました。中でも数字にはこだわり、売上が伸びない原因を徹底的に突き止めることに活用しました。ここで今までに試行錯誤を重ねてきた直営ブランドと工夫したポイントをいくつかご紹介します。

1.中目黒 麻辣麺海宝



麻辣麺海宝は既存ブランドのワカメ麺を利用して、スープの種類を変えることでオペレーションや在庫ストックの負担軽減を実現させることができました。当時人気のあった麻辣麺のスパイシー系スープでバリエーションを増やし、ワカメ麺のターゲットに違う角度からアプローチしました。また写真のクリック率が低いことや、気候と注文数の相関が強い商品であることがわかったため、それにあった対策や施策を実施することで売上を伸ばすことに成功しました。

2.豚かば焼専門店 豚かば




デリバリーでニーズの高い「ガッツリごはんを食べたい層」をターゲットに。市場で売れているブランドをベンチマークにし、豚を使ってガッツリ欲を満たすブランドは何か?という視点でリサーチをしながらブランドを作りました。食欲を満たす商品であることを伝えるための写真映えも研究し、ターゲットのど真ん中に刺さるブランドに成長しました。

3.NY屋台メシ!!チキンオーバーライス



10の直営ブランドで培った知識やノウハウを活かし、満を辞して誕生したのがNY屋台メシ!!チキンオーバーライス。たった5分で完売してしまう幻のチーズケーキ、Mr.CHEESECAKEのシェフ田村さんに味のアドバイスもいただきました。デリバリーではお客様とのコミュニケーションや感想を聞く機会がないため、サンキューカードやSNSなどで感想・希望のトッピングなどをヒアリングすることに。その結果「お客様と一緒にアップデートしていくブランドとして応援していただけるブランドになり、月商450万円を達成しました。


・1年半で直営店の売上が108万円から594万円に
 約2坪の極小キッチン。1ブランドのデリバリーだけで月商450万超え


直営ブランドの中で一番の売れ筋は「NY屋台メシ!!チキンオーバーライス」。約2坪の極小キッチンで月商450万円を記録するまでに成長しています。



リピーター率はなんと50%!20回以上頼んでくださっているお客様も多く、トレーニングをする方やダイエットで糖質を気にする方にはお米をサラダにした「チキンオーバーサラダ」や、より脂質の低い鶏むね肉を使ったメニューも人気です。2020年10月には待望の2号店を神楽坂にオープンし、こちらの売上も好調となっております。
ここまでのブランドを誕生させるまでに1年半、10ブランドの試行錯誤が必要でした。我々が1年半で得たノウハウやデータを活かし、入居店舗の皆さまの売上アップに活用していただきたいと思っています。


・誰もが平等に挑戦できるクラウドキッチンを目指し、3号店を浅草に2021年3月オープン





最近では今まで飲食店を営んでいた方や企業だけでなく、飲食業界初挑戦の方の出店も増えてきています。しかし実店舗を持つ飲食店とデリバリーを使ったキッチンでは売り方が全く異なるのも事実です。KitchenBASEでは飲食未経験から地道に積み重ねてきたノウハウやデータをもとに、店舗の皆さんに売上を上げるためのノウハウをお伝えしています。新型コロナウイルスの影響もあり、お問い合わせやご入居希望の方も増えてきており、2021年3月には3号店となる浅草店をオープンすることになりました。

浅草店は浅草寺から徒歩6分、かっぱ橋道具街からも徒歩圏内という好立地。様々な食文化と食にこだわりを持つ人が集まる街、浅草に新しい風をお届けします。

これに先立ち、現在ご入居を希望されるシェフまたは店舗様を現在募集しております。

----------------------------------------------------------------------------------------

申込みURL :https://sales150323.typeform.com/c/XXO2wLXK
WEBサイト:https://kitchenbase.jp

----------------------------------------------------------------------------------------


・クラウドキッチン「KitchenBASE(キッチンベース)」とは?

クラウドキッチンとは、オンラインで注文を受けるデリバリー専用のキッチンです。KitchenBASEでは1つの空間を区画で分けて複数の店舗でキッチンをシェアするため、クラウドキッチンと呼んでいます。




○店舗概要

・所在地:浅草5丁目
・デリバリー対象エリア:台東区、文京区、墨田区、荒川区、千代田区(一部)
・入居可能日:2021年3月初旬予定
・入居店舗数:22店舗

■入居までの流れ
1.申込みURL:https://sales150323.typeform.com/c/XXO2wLXK
2.説明会&面談
3.審査
4.契約
4.入居確定
5.営業開始(2020年3月予定)

■ご登録・ご質問はこちら
https://kitchenbase.jp


【代表メッセージ】

デリバリーだけのキッチンとして、クラウドキッチン やゴーストレストランという言葉がここ半年間で本当に市民権を得てきたなと感じております。同時にそれだけ需要とともに供給が増えてきたことも事実としてあります。その渦中では、厳しい戦いを強いられる市場ではあるのですが、しっかりと着実に失敗を糧にして、トライできるデリバリーというのは、新たな飲食ビジネスとして提案できる強固なモデルだとこの一年で確信に変わりました。ぜひ、この戦いに我こそはと感じていただいた方をキッチンベースは心よりお待ちしております。


【会社概要】

会社名:株式会社SENTOEN
所在地:〒102-0081 東京都千代田区四番町2-12 7F
代表:山口大介
事業内容:デリバリー飲食マーケティング支援、インターネット事業、クラウドキッチン 事業
https://1010en.com

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?