ケンウッド、オーディオプレーヤー・ミニコンポなど新製品3機種発表

発表された「Media Keg」の新モデルのカラーバリエーション

発表された「Media Keg」の新モデルのカラーバリエーション

  •  
  • List
  •  

 ケンウッド(八王子市石川町)は9月12日、メモリー容量を増設できるデジタルメモリーオーディオプレーヤーなど、家庭向けオーディオ製品の新機種を発表した。

 発表したのは同社が展開するメモリーオーディオプレーヤー「Media Keg(メディア・ケグ)」シリーズの新製品2機種とミニコンポ「UD」シリーズの新製品「UD-E77WSD」。併せて、同社がこれまでに発売したコンポとアップル社のオーディオプレーヤー「iPod」を接続するドックアダプター「PAD-iP7」も発表された。

[広告]

 「Media Keg」の新製品は2ギガバイトのフラッシュメモリーを内蔵する「MG-E502」と4ギガバイトのフラッシュメモリーを内蔵する「MG-E504」の2機種。microSDカードスロットを搭載することで、メモリー容量の追加ができるようになったことに加え、音質を重視し、高品位のD/Aコンバーターを搭載。これにより、「大音量から小音量まで歪みを抑えたクリアな音楽再生を実現」(同社)したという。高品質のカナル型ヘッドホンも付属。「遮音性が良く、周囲の騒音を気にせず高音質再生が可能」(同社)。

 ファイル形式はAAC(著作権保護されたものを除く)、MP3、WMA、WAVに対応。JPEG、BMP形式の画像を再生することもできる。Windows 2000/XP/Vistaに対応し、Windowsの「エクスプローラ」を使ってファイルを本体に転送できるほか、メディア再生ソフト「Windows Media Player」を使った転送にも対応している。リチウムイオン電池を内蔵し、連続再生時間=54時間、充電時間=約3.5時間。外形寸法は幅=44ミリ、高さ=92.5ミリ、奥行き=11.8ミリ。質量は45グラム。ホワイト、ブラック、ピンクの3色展開で、価格はオープンプライス。発売は今月下旬を予定。

 また、同日発表されたミニコンポ「UD-E77WSD」は、SDカードやUSBで接続した機種に高品質の録音ができるのが特徴。「Media Keg」と接続することでCDから直接本体に録音できるほか、録音したSDカードを「Media Keg」に入れることで、再生することできるようにもなっている。CD以外にも、AAC、MP3、WMA、WAV形式のファイルを録音したデータディスクを再生可能。楽曲のタイトル情報として約30万曲分のデータを収録したデータベースCDが付属する。木目とブラックの2色を展開。価格はオープンプライス。発売は10月下旬を予定。

 併せて、オプションとして発売されるドックアダプター「PAD-iP7」を使用することで、同社の対応コンポの本体やリモコンからiPodを操作できるようになる。発売は10月上旬を予定し、希望小売価格は12,600円。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?