西八王子の老舗ロックバー、旧織物工場を改装した新店舗に移転

旧織物工場を改装した店内

旧織物工場を改装した店内

  •  
  • List
  •  

 今年11月で開店30周年を迎える西八王子の老舗ロックバー「arcadia(アルカディア)」(八王子市千人町3)が9月5日、旧織物工場を改装した新店舗に移転、営業を開始した。

 アルカディアは1978年、八王子市千人町でバーとして開店。しかし、旧店舗があったビルが老朽化のため取り壊されることとなり、今年6月に営業を休止していた。新店舗での営業再開はもともと7月下旬を予定していたが、工期が延びたためこの度の開店となった。

[広告]

 新店舗は旧店舗の近くに設けられた。建物は昭和6年に織物工場として建てられたものを改装。「街にコミュニティーカフェがあるといい」と思っていた店主の高木純さんは「見た時にほれ込んでここに決めた」という。改装は同店の常連客だった大工を中心に、店のスタッフや常連客らの手で行われたが、「エアコンが15日にやっと付いたところ。まだ、未完成」(同)。高木さんは「サグラダ・ファミリアみたい」と笑う。

 新店舗の面積は110平方メートルで、旧店舗の倍以上に拡充。カウンター席=20席、テーブル席=20席を設ける。夜だけでなく、昼の時間帯はカフェレストランとしても営業。「昼はカレー、夜はひらめきで作っている国籍外料理がお勧め」(高木さん)だという。客層は主婦グループや家族連れ、学生など多岐に及ぶ。「女性客も比較的多いので、おむつを変えるスペースも女性トイレには用意している」(同)。

 1,000枚以上のレコードを保有する同店では、特にベアーズビル系、シンガーソングライター系など70年代ロックが充実している。「都内でもこれだけそろえている店はどれだけあるか…」と高木さん。ライブイベントなども行われており、「いろいろな人が来て交流できる場所にしたいと思っている」と話す。「何かの情報発信をしている人に来て、いろいろ教えてほしい。そこから、ライブイベントや朗読会なども開催していきたい」(同)とも。

 営業時間は、昼=11時~17時、夜=17時~翌2時。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?