天気予報

17

12

みん経トピックス

八王子からゆるキャラうどん京王線の消費電力45%削減

市民ジャズオーケストラ、八王子でコンサート開催へ-1年がかりで準備

  • 0
市民ジャズオーケストラ、八王子でコンサート開催へ-1年がかりで準備

無料コンサートを行う「Funny Fellows Jazz Orchestra」

写真を拡大 地図を拡大

 八王子をはじめとした多摩エリアで活動する市民によるジャズバンド「Funny Fellows Jazz Orchestra(ファニー・フェローズ・ジャズ・オーケストラ)」が9月9日、オリンパスホール八王子(八王子市子安町4)で無料コンサートを行う。

コンサートに向けて練習を続けるメンバー

 ボーカルの宮下静枝さんなど八王子市民が集まって創立し、1980(昭和55)年から30年以上にわたって活動を続ける同バンド。バンド名は「愉快な仲間たち」の意味。現在は学生の頃から楽器に親しんでいる人など30人のメンバーを擁し、自主イベントのほか街のイベントなどでも数多く演奏を披露。昨春には、「まちづくり八王子」が企画・制作する無料タウン誌「らぶはち」の表紙も飾った。

 今回のコンサートは1年がかりで企画。きっかけは昨年3月に行われた「らぶはち」の表紙撮影。4月の正式開館を前に同ホールのステージで撮影が行われたが、その際、宮下さんが「ここで演奏してみたい」と希望を口にしたことを受け、実現に向けてメンバーが動いた。「宮下さんがいるからこそ、ここまで続いてきた。プレゼントのようなもの」とトランペッターとして30年近くバンドに参加する「タカクラメガネ」(八幡町)店主の高倉さん。

 土曜・日曜に練習を行うなど、仕事の合間を縫って活動を続けている同バンド。練習後には今回のコンサートに向け、選曲について話し合うなど時間をかけて準備を進めてきた。「やりたい曲をみんなで持ってきて決める」と高倉さん。大きなホールで演奏する際は客層が広がることを考えて、より一般的な曲を選ぶようにしており、「練習までしてボツにすることもある」という。

 今回のコンサートでは、日本工学院八王子専門学校放送映画科の学生が当日の撮影で参加するほか、大竹高等専修学校服飾科の生徒が女性メンバーの衣装制作に取り組むなど学生とのコラボも展開。「ファッションにも注目してほしい」と高倉さん。ご当地ソング「太陽おどり」に合わせて、八王子市立第五中学校のダンス部が盆踊りを披露する。

 イベントが直前に迫った現在は、「最後の仕上げ」として練習を続けている。「せっかく新しくていいホールで演奏できるので、この経験を無駄にしないようにしたい」と高倉さん。当日は3部構成で、女性メンバーによる「はじめてのチュウ」のジャズアレンジやクラリネットアンサンブルの演奏なども見どころになるという。

 開場は13時。入場無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

アクセスランキング