中央道トンネル崩落、高速バスにも影響-迂回運行、1時間の遅延も

事故を受け、迂回運行を行っている新宿~伊那飯田線

事故を受け、迂回運行を行っている新宿~伊那飯田線

  •  
  • List
  •  

 中央道上り線の笹子トンネル(山梨県大月市)で12月2日、天井板崩落事故が起きたのを受け、日野・八王子を通る高速バスにも影響が出ている。

中央道日野バス停

 山梨県大月市の大月ジャンクションと甲州市の勝沼インターチェンジの間にある同トンネル内で2日朝、天井板が崩落し、車が下敷きになるなど大きな被害が出た事故を受け、中央道上り線の一宮御坂IC~大月JCT間、下り線の大月JCT~勝沼IC間は現在も通行止めとなっている。道路を管理するネクスコ中日本によると、開通のめどは立っていないという。

[広告]

 事故の影響を受け、中央道を通る高速バスについて、迂回(うかい)運行などの対応が取られている。京王電鉄バス(府中市)は中央道日野や中央道八王子のバス停から乗降できる新宿~甲府線、新宿~身延線、新宿~諏訪岡谷線、新宿~伊那飯田線、新宿~松本線などについて迂回を実施。新宿~甲府線については、一部バス停の通過も行っている。今のところ、運休しているバスはないが、2日は平均で1時間、最大で1時間25分ほどの遅延が発生したという。このほか、富士急バスでも新宿~甲府線、新宿~諏訪岡谷線、新宿~伊那飯田線で迂回運行を行うなど影響は各社にも広がっている。

 西東京バス(八王子市明神町3)も近鉄バスと共同運行する「新宿・八王子~茨木・大阪」線、伊予鉄道と共同運行する「新宿~松山・八幡浜」線のそれぞれについて迂回経路を使うと発表。停留所に変更はないが、「状況により到着時刻に遅れが生じる場合が予想される」(同社)という。問い合わせは同社高速バス予約センター(TEL 042-648-6522)で受け付ける。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?