3密を避けて新しい生活様式へ!

八王子で「ガールズ・ユニットフェス」-「フラチナリズム」によく似たアイドルも参戦

優勝した「麦と水」の3人にはトロフィーが贈られた

優勝した「麦と水」の3人にはトロフィーが贈られた

  • 0

  • List
  •  

 八王子駅近くのみずき通りで10月19日、女性ユニットが歌やダンスを披露するイベント「ガールズ・ユニットフェス」が開催された。

イベントを盛り上げた「フラチナガールズ」

 同通りの商店会主催で毎年春と秋に行われている同イベント。2011年秋から数えて今回で7回目を迎えた。「アイドルになりきれ」をコンセプトに、アマチュア、セミプロを問わず子どもから大人まで、さまざまな女性ユニットがパフォーマンスを披露しステージを盛り上げる。

[広告]

 八王子市内をベースに活動するアイドルユニット「8princess(エイト・プリンセス)」がオープニングアクトを務め始まった今回。J:COM各局で放送されている番組「~地域応援バラエティ~ マチデカ」に出演する花満開さんと安岡あゆみさんが司会を務める中、AKB48やAAAなど、さまざまなアーティストに楽曲を提供しているミュージシャン・鳥海剛史さんや「タカクラメガネ」(八王子市八幡町)店主の高倉さんらを審査員に迎えて、10組がパフォーマンスを披露した。

 出場者の中には、八王子を拠点に音楽活動を行っているバンド「フラチナリズム」のメンバーによく似ているとされるアイドル「フラチナガールズ」の姿も。メンバーに「ヒゲくらいそってきてくれる?」と花さんが指摘すると笑いが起こったほか、オリジナル曲「無重力シンパシー」を披露している途中、メンバーのタケウチさんが腰に白鳥を付けたバレエ姿で登場すると、たまたま救急車が横を通り過ぎ会場が湧き上がるなど終始盛り上がった。

 今回は、「はちぷりも負けてられないと思うくらいすごかった」と8princessのメンバーからも高い評価を受けた「麦と水」の3人が優勝。開始当初から司会を務める花さんは「はちぷりに続くアイドルを、この場から出したい」と意気込むほか、長く審査員として関わる鳥海さんは「毎回間口が広がってきているので、いろんなユニットに参加してもらいたい。もっと色物が出てきてもいいかも」とコメント。高倉さんは「年々レベルが上がっているので、どう印象付けアピールして勝負していくかがこれからの楽しみ」と期待を隠さない。

 当日の模様は、地元のケーブルテレビ局「J:COM八王子」のコミュニティーチャンネル「J:COMチャンネル八王子」で特別番組として放送予定。放送は11月8日=19時~20時、9日=20時~21時。

Stay at Home

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?