八王子でオーディオ機器試聴と朗読のコラボイベント「音えあ」-月1回開催へ

朗読を披露する中村章江さん

朗読を披露する中村章江さん

  •  
  • List

 電子機器の製造販売を手掛ける電匠(八王子市新町)で1月30日、自社で手掛けるオーディオ機器の試聴会と物語の朗読を組み合わせたイベント「音(おん)えあ」が行われた。

演奏後にはオーディオケースへの質問なども

 カセットデッキ、CDプレーヤー、MDプレーヤーなどのカーオーディオを家庭でも使えるようにするケース「LE801」などを手掛ける同社。イベントは「八王子発、聴く休憩室」をコンセプトに据え、今回初めて開催。中小企業のPRなどを行いながら朗読のライブイベントなども進めている八王子在住の中村劇場・中村章江さんとコラボし、試聴と朗読を同時に楽しむ催しとして行われた。

[広告]

 当日は直前まであいにくの雪模様だったが、会場には多くの客が詰めかけた。「LE801」とケンウッド製のカーオーディオを組み合わせて、「スプリングソナタ」の愛称で親しまれているベートーベンの「バイオリンソナタ第5番 春」を演奏すると、「音に立体感がある」などの声が上がり技術的な質問をする客も多かった。演奏の後には、中村さんが川端康成の短編集「掌(てのひら)の小説」に収められている「紅梅」や夏目漱石の「夢十夜」から「第一夜」を披露。会場を物語の世界にいざなった。

 12月初旬に都心で行われたセミナーで遅刻をしてしまった同社の安斎秀一社長が、たまたま中村さんの隣に座ったことから意気投合。地元も同じ八王子など「こんな奇遇があっていいのかと思った」と安斎さん。製品のPRなど「いろんな人に来ていただくためにはもうちょっと工夫がいるだろう」(中村さん)とコラボに向けて動き出したという。

 今後は月1回のペースでイベントを開催していく予定で、「いろいろとジャンルを問わず曲をかけていきたい」と安斎さん。「カーオーディオはこんなに音がいいんだという発見をしてもらいたいし感じてもらいたい」とした上で、「カーオーディオ本来の実力を聞いていただけるので、楽しんでもらえれば」とも。

 中村さんは朗読だけでなく、「ラジオドラマ風なイメージでやってみても面白い」とオーディオを使った演出なども考えていきたいという。女性の参加を呼び掛けており、「周辺で生活されている方やお勤めされている方に帰りにぷらっと寄っていただきたい。ラウンジとして使っていただければ」と呼び掛ける。

 次回は2月26日に行う予定。事前申し込み不要で開催は17時30分から。参加無料。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?