NHK、「八王子発ドラマ」のキャスト発表 ヒロインは早見あかりさん

主人公の高山峰子を演じる早見あかりさん

主人公の高山峰子を演じる早見あかりさん

  •  
  • List
  •  

 NHKは6月29日、今秋の放送を目指す八王子を舞台にしたドラマ「八王子発ドラマ 東京ウエストサイド物語」の出演者を発表した。

主婦卒業宣言の後、八王子芸者を目指す母・晴江を演じる羽田美智子さん

 今秋以降、BSプレミアムで放送予定の同ドラマ。「アナウンサーになりたい」という子どものころの夢はすっかり封印し、就職活動を行うも、どの企業からも内定をもらえないという大学4年生・高山峰子と、突然、主婦卒業を宣言し、「昔から憧れていた芸者になる」と唄や踊り、三味線などの稽古を始める母・晴江ら高山家を中心とした物語。

[広告]

 今回はメーンキャストを発表。高山家は、主人公である高山峰子を女優の早見あかりさん、母・晴江を羽田美智子さん、父・謹一を俳優の羽場裕一さん、部屋にこもってフィギュア作りに熱中しているという兄・学は俳優の内野謙太さんが、それぞれ演じる。そのほか、商店街の名誉会長で峰子の人生を変えることになるという北國三郎太役として、歌手で八王子観光大使でもある北島三郎さん、峰子の同級生で八王子を愛するあまりに芸者の道へと進んだ梅千代役として、女優の趣里さんも出演することになった。

 NHKが地域にスポット当て、その土地を舞台にした物語を展開する「地域発ドラマ」として制作される同作品。今回の「東京ウエストサイド物語」(仮)は、東京発のドラマ第1弾として、今年5月に制作が発表された。

 原作は昨年、NHK総合で放送されたドラマ「お葬式で会いましょう」や独立UHF局で放送されたドラマ「ねこタクシー」などで脚本を手掛けた池谷雅夫さんが担当。制作統括は、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」を手掛けた菓子浩チーフプロデューサーが担う。7月下旬~8月上旬にかけて撮影し、八王子市内でのロケも予定。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?