天気予報

18

12

みん経トピックス

ライオンだるまに思い残すサマーランドでカレーフェア

八王子で猫の写真を集めたチャリティーカレンダー 売り上げは保護猫の支援に

  • 0
八王子で猫の写真を集めたチャリティーカレンダー 売り上げは保護猫の支援に

2月22日の「猫の日」から販売されているカレンダー「今週 mo はちねこ!」

写真を拡大 地図を拡大

 飼い主のいない猫を保護し、飼育希望者に譲渡する活動などを進めている「八王子猫のおうち探しの会」が2月22日から、チャリティーカレンダー「今週 mo はちねこ!」を販売している。

公募で寄せられた猫の写真を掲載

 高尾駅南口から徒歩1分の場所に「はちねこ!カフェ」(八王子市初沢町)を展開し、保護猫と譲渡希望者の交流などを図っている同団体。今回は保護猫の医療費などを賄うほか、活動について市民に知ってもらおうとカレンダーを製作した。

 4月始まりのカレンダーで、サイズはポストカード大。昨秋、ブログなどを通じて一般から集めた猫の写真を多数掲載する。デザインなどを手掛けた藤山雪子さんは「飼っている猫への愛情がひしひしと伝わってくる写真ばかり。地元の印刷屋に印刷をお願いするなど八王子の地域の中で作った」と話す。

 販売部数は500部で、残りは170部ほどと売れ行きは上々という。「新学期、新生活のプレゼントとしても使いやすいと思う。ほかにも置いてくれる店があればお願いしたい」とアピールする。

 今月19日には八王子駅近くのライブハウス「papaBeat(パパビート)」(三崎町2)で、サックスプレーヤーの伊勢賢治さんらが「はちねこチャリティーライブ」を開催するなど、さまざまな形で支援を呼び掛けている。

 「活動は継続してやっていくことが大事。まずは知ってもらえれば」と八王子猫のおうち探しの会の小林結花さん。市保健所が不妊去勢手術に助成金を出していることなどを引き合いに出し、問題が起きた時は「自分だけで考えて大変なことになってしまう前に周囲に相談してほしい」と呼び掛ける。

 全27ページ。価格は1,200円。「はちねこ!カフェ」のほか、八王子駅前のコインパーキング・シミズパーク24(旭町)、清水工房(追分町)、さくら動物病院(散田町)、唐木電気商会(本町)、パンや菓子を製造・販売する「グルヌイユ」(下恩方町)でも販売する。「はちねこ!カフェ」の営業は、水曜・土曜・日曜・祝日の13時30分~17時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

アクセスランキング