天気予報

31

22

みん経トピックス

八王子食堂ネットワーク始動八王子駅がリニューアル

京王電鉄、「けい太くん」絵本を電子書籍化 「けい太くん」役は声優・釘宮理恵さん

京王電鉄、「けい太くん」絵本を電子書籍化 「けい太くん」役は声優・釘宮理恵さん

電子書籍化された「はしれ!けい太くん」

写真を拡大

 京王電鉄は6月30日、同社のオリジナルキャラクター「けい太くん」を主人公にしたオリジナル絵本2冊を電子書籍化した。

「けい太くん」役は声優・釘宮理恵さんが担当

 これまでに3冊刊行されている「けい太くん」のオリジナル絵本。今回、電子書籍化されたのは、2009年4月に発売された絵本第1弾「はしれ!けい太くん」と、2011年3月に発売された「なかよし!いのかしら7きょうだい」の2冊。

 「けい太くん」は、もともと同社社員の家族が京王線「8000系」車両をベースに描き起こしたもので、2000年に誕生した。長らく同社のアミューズメント施設「京王れーるランド」(日野市程久保3)のキャラクターとして使用。その後、子どもたちに京王線や京王沿線へ親しみを持ってもらおうと、イラストレーターの指田隆行さんがストーリーをアレンジし絵本にまとめた。

 対象年齢は就学前の4歳~6歳。第1弾の「はしれ!けい太くん」は、主人公の「けい太くん」が新宿駅から高尾山口駅までの間を走る中、電車に乗る子どもたちとの触れ合いを通して、新たな発見や体験をしていく物語となっているほか、第2弾の「なかよし!いのかしら7きょうだい」は、井の頭線1000系車両を7人の兄弟姉妹に見立て、井の頭線沿線の風景や駅、車内を紹介するストーリーとなっている。

 電子書籍化に当たり読み上げ機能を搭載。「けい太くん」役として声優の釘宮理恵さん、ナレーションには声優の大亀あすかさんを起用した。昨年10月に発売された絵本第3弾「あつまれ!はたらくしゃりょうたち」も電子書籍化する予定だという。

 米アップル社が提供する電子書籍ソフト「iBooks」に対応。電子書籍販売システム「iBooks Store」で販売する。価格は各500円。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

アクセスランキング