見る・遊ぶ 買う

京王線モチーフのバッグやネクタイ限定販売へ サマンサタバサとコラボし開発

京王線をイメージした男性向けビジネスバッグを開発

京王線をイメージした男性向けビジネスバッグを開発

  • 63

  • List
  •  

 京王電鉄(多摩市関戸1)とサマンサタバサジャパンリミテッド(港区)が3月30日、京王線をイメージした男性向けビジネスバッグの販売を始める。

「5000系」の座席をモチーフにしたネクタイ

[広告]

 京王電鉄とサマンサタバサが展開する「KINGZ by Samantha Thavasa」とのコラボ商品。京王電鉄の広報担当者は「ファッションと鉄道という異色の組み合わせにより、それぞれのファンに、両社のイメージ向上を図るために企画した」と話す。

 コラボ第1弾となるビジネスバッグは、京王線をイメージしてアイボリカラーをベースに「京王ブルー」「京王レッド」と呼ばれる、京王電鉄のコーポレートカラーのラインが入った「ホワイト」、新型車両「5000系」をベースに京王ブルー、京王レッドの2色のラインを入れた「ブラック」の2モデルを用意する。

 ボディーにはナイロン、持ち手などには牛皮を使う。大小さまざまのポケットを用意し、内面にはA4サイズの物まで入れられるという。ホワイトは20個限定、ブラックは5月11日から受注販売商品。それぞれ「KINGZ by Samantha Thavasa」新宿マルイメン店、渋谷マルイ店の2店で扱う。受注生産分はサマンサタバサの公式オンラインショップでも受け付けるという。価格は3万7,500円(税別)。

 5月11日からは第2弾商品となるネクタイの販売も始める。八王子の絹織物をイメージして作られた「5000系」の座席シートを再現したもので、座面柄と背面柄の2種類を用意。1本ずつ八王子の町工場で仕立てているという。「シンプルなデザインのため、鉄道モチーフをさり気なく日常に取り入れることができる」とも。

 ネクタイは「KINGZ by Samantha Thavasa」新宿マルイメン店、渋谷マルイ店、京王百貨店のオンラインサイトで販売する。準備数は各84本。価格は9,500円(税別)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

八王子経済新聞VOTE

「八経」こと八王子経済新聞に期待する記事は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース