見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「八王子グルメ」テーマに食事動画 地元商店主がユーチューブで公開、100店目指す

ユーチューブに作品を投稿している中野さん

ユーチューブに作品を投稿している中野さん

  •  

 八王子で洋品店「イツミヤ」(八王子市八幡町)を営む中野智行さんが5月24日、自ら地元の飲食店に出向き食事をする動画作品「八王子グルメ」シリーズの第1弾をユーチューブで公開した。

動画や画像などの編集も自ら行っている

 昨年11月には自ら登場人物を演じ、映画の予告編を模して作った動画「大久保長安(ながやす)評判記 舞うが如く」を公開するなど店のユーチューブチャンネルにさまざまな作品を投稿している中野さん。5月上旬にはウオーキングの効果を取り上げながら深夜の八王子の様子を紹介する動画を掲載するなど趣向を凝らした作品作りに取り組んでいる。

[広告]

 今回、飲食店に目を付けたのは「家族で商売をやっていて外食することが多いので、どうせ外で食べるならいけるのではと思った」と中野さん。映像は架空の街「八王子国」の情報番組というコンセプトで作り、編集の際には原稿を用意し自らナレーションを入れるなどこだわっている。「見ている人に楽しんでほしいという気持ちがあるので、楽しませないと自分の中で収まりがつかない。動画は音の力も強いので、飽きさせないよういろいろとフックを仕掛けている」と話す。

 第1弾はレバニラ定食、6月4日に公開された第2弾ではエビフライ定食とポークソテー定食を一度に食べるシーンを取り上げたが店舗名や住所など店の詳細にはあえて触れていない。「宣伝はひとまず置いておいて、こんなところがあるんだと思ってもらえれば」。公開後、評判は上々で、既に2本分の撮影も終えているという。

 商店会の会長も務める中野さんは「人通りが少なくなった、何とかならないのかと言われる。ユーチューブに100本くらい動画を上げたら力を持てるのかもしれないと思い始めた」と話す。新たに一眼レフカメラを購入するなど「見てくれる方がいると思うとしっかりしなきゃ失礼かなと思い、やり始めたらはまってしまった」とも。

 地元の飲食店100店を訪れることを目標としている。「小心者なので交渉して断られたらどうしようと心配しながらやっている。受け入れてくれるかどうか分からないが、甲州街道沿いの店をしらみつぶしにいく」と中野さん。「八王子に住んでみたい人や東京に住みたいけど23区は怖いという人のために東京のリアルな部分を少しでも伝えられたら」と意気込む。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?