見る・遊ぶ

八王子で「ビューティーバイキング」 美と健康テーマに10回目、一つの区切りに

「ビューティーバイキング」を手掛ける宮澤さん(左)と出展する天野さん(中央)、イラストレーターの小楠アキコさん

「ビューティーバイキング」を手掛ける宮澤さん(左)と出展する天野さん(中央)、イラストレーターの小楠アキコさん

  •  
  • List

 美容や健康をテーマとしたイベント「ビューティーバイキング in 八王子」が12月8日・9日、八王子駅近くのコワーキングスペース「8Beat(エイトビート)」(八王子市三崎町)で開催される。

 2012年から始まり、現在は年1回のペースで開かれている同イベント。10回目となる今回は体に作品を描くボディージュエリーなどを手掛ける「kanaca」や、ミニチュアドールハウスの製作・販売を行っている「ミニチュアドールハウスRU*NA」など美容や健康に関するブースが数多く登場する。

[広告]

 ネイルケアなどを手掛ける「Nail Salon 7×3(ナナトリア)」や、手工芸の一つである「つまみ細工」を手掛ける斎藤商店などは同イベント初出展。そのほか、イラストレーターの小楠アキコさんや八王子駅南口近くの生花店「FLORAISON(フロレゾン)」(子安町1)、スイートポテト「高尾ポテト」、八王子のご当地キャラクターである「たき坊」など幅広いジャンルの出展者が一堂に会する。

 初回以来の参加となる、フロレゾン店主でフラワーアーティストの天野竜一さんは作品の展示などを行う予定。「このイベントをきっかけに成長させていただいたところがある。ビューティーバイキングが素晴らしい場所であることを作品を通じて知らせられたらいい」と意気込む。

 今回を一つの区切りとして、次回以降の運営を後進に譲ることを決めたという。イベントに携わる宮澤美恵子さんは「八王子にまだ美に関するイベントがない頃からやってきた。そういう意味では先駆けになったと思う。もともとは集客に悩んでいる方や起業したての人たちにチャンスを与える位置付けで始めたもの。若い方にノウハウなどをお譲りして、さらに盛り上げていっていただきたい。今後は引き継いでいただいた方から始まるネットワークを通じてアピールの場にしていっていただければ」と話す。

 いったんイベントに区切りを付けることになるが、「おしまいというよりは、次につなげていく感じ。思い出に残るお祭りにしたいので、たくさんの人に来ていただきたい」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~18時30分。入場無料。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?