暮らす・働く

シェアスペース「space &」が1周年 地域コミュニティーのハブ目指す

1周年に合わせてパーティーを開催

1周年に合わせてパーティーを開催

  •  
  • List

 イベントなどに利用できるシェアスペース「Space &(スペース・アンド)」(八王子市中町)が1月12日、開業1周年を迎えた。

「&」の形をしたパンも登場

 八王子駅近くの商業ビル「0426 spring garden」2階に展開する同スペース。「八王子一坪パンまつり」などのイベントのプロデュースやプロモーションを手掛ける「Shiho Product(シホ・プロダクト)」の事務所と兼用するかたちで作られた。

[広告]

 16坪ほどの空間にテーブルや椅子、ホワイトボード、ソファ、美術作品などを展示できるピクチャーレール、冷蔵庫や電子レンジなどを用意。女性の事業者が日頃の思いを話す「ゆるっと座談会」をはじめ、イベントやセミナーなどの会場として利用されている。

 今回は1周年に合わせて、パーティーを開催。同所の利用客らが集い祝った。「Shiho Product」の賀澤志帆さんは、この1年を振り返って、「地域の皆さまに支えられたからこそ迎えられた1周年。ここでやることの全てが初めてだったが、自分がやりたかったことや、やってみたいことがある方とジョイントして形にしていくことが多かった」と話す。

 コンセプトは「コミュニティーシェアスペース」。「女性起業家の応援や中小企業の社長を集めた勉強会などビジネスにまつわるイベントも行われ、皆さんが求めるものがここで生まれていったと思う」と賀澤さん。

 今後は同所発の企画も増やしていく方針。「『&』という名前には、つなぐという意味を強く込めている。ここでできたコミュニティーがイベントなど、『Space &』の看板を背負って外に出ていくようなことができれば」とした上で、「『&』で出会った人たちからコミュニティーが生まれたり、一緒に仕事をしたりと広がっていったら良い。その拠点になれたら。もっとつながりができたら良い」と期待を込める。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?