見る・遊ぶ

10月から「Tokyo Star Radio」に 「八王子FM」、開局2周年に合わせ愛称変更

タイムテーブルを手にする中野さん

タイムテーブルを手にする中野さん

  •  
  • List
  •  

 八王子市内を対象としたコミュニティーFM局「八王子FM」が10月1日、愛称を「Tokyo Star Radio(トウキョウスターレディオ)」に変えた。

八王子FMの入り口にも新愛称を知らせる看板が登場

 2017(平成29)年10月1日に開局した同局。八王子エフエム(八王子市みなみ野4)が運営し、周波数は77.5メガヘルツ。同日に開局2周年を迎えた。番組の放送に加え、音楽レーベル「Star Radio Records(スターレディオレコーズ)」も展開。これまでにシンガー・ソングライターの冨永裕輔さんや東野純直さん、声優アイドルユニット「ギルドロップス」らの作品をメジャーリリースしている。

[広告]

 3年目に入った同局。中野健次郎社長は「準備期間から入れたら3年。時間的にいったら長いが、あっという間だった」と振り返る。「番組自体は充実してきたし、日本一のコミュニティー局のレベルだと言われることもあるが、自分の中ではどれだけ技術的な面でクオリティーを上げられたかと思うとまだまだ。突き詰めればいくらでも突き詰めていける。厳しく言えば10%くらいしか目標を達していないかも」と話す。「このプロセスが楽しいのかもしれない。大変だけどやりがいがある」とも。

 開局以来、「FM星空ステーション」の愛称で親しまれてきたが、「3年目はいろいろな意味で潮目で、世の中の見方も変わってくると昨年くらいから聞かされてきた。来年はオリンピックもある。目新しい何かが欲しいと思っていた」と中野さん。これまでの愛称は八王子の星空がきれいであることを意識したものだったが、「それだと長野や山梨、沖縄などと捉えられてしまう。どこの放送局なのかを明確にした方がいいいうことで、『Tokyo Star Radio』にしようと満場一致で決まった」と振り返る。

 新愛称は既にホームページやタイムテーブルなどさまざまでところで見ることができる。今後について「八王子には若い人が多いので、そこをどうやって掘り起こすか」と中野さん。「リスクを恐れているといつまでもそのまま。どこかで頑張らないと大きくはなれないので勝負が大事。今は勉強している最中なのかも。人材も場所も必要だが、少しずつやれる範囲でやっていきたい。焦らずちゃんと骨組みを作りたい」と意気込む。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?