暮らす・働く

秋恒例、甲州街道の「ギンナン拾い」中止に 台風19号で「大半の実が落下」

道端に落ちているギンナン

道端に落ちているギンナン

  •  
  • List
  •  

 八王子で現在、甲州街道(国道20号)の「ギンナン拾い」が大半の実が落下してしまったことから中止になるなど台風19号の影響が続いている。

秋恒例イベントとして今年で26回目の開催を予定していた「ギンナン拾い」

 「ギンナン拾い」は道路の維持管理を担当する国土交通省関東地方整備局相武国道事務所が毎年行っている秋の恒例イベント。市内を通る甲州街道の中でも「高尾駅前交差点」~「追分交差点」間には1929(昭和4)年、大正天皇の多摩御陵完成に伴って宮内庁がイチョウを植樹。並木全体が市の天然記念物に指定されている。同イベントでは並木の剪定(せんてい)などによって集められたギンナンを一般に提供しており、今年は10月27日に開催が予定されていた。

[広告]

 同事務所は今月23日、「先日発生した台風第19号の風雨の影響によって大半のギンナンの実が落下してしまい開催が困難となった」として中止を発表。合わせて開催を予定していたイチョウ並木の道路清掃に関するパネル展示についても中止するという。

 八王子市教育委員会などが主催し、12月22日に開催を予定していた八王子市内の陣馬・高尾山域で行われるトレイルランニング(山岳縦走)大会「第5回TOKYO八峰マウンテントレイル」についても、「コースとなっている林道で崩落・陥没している場所が複数あり、安全に大会を開催することが不可能」として、23日に中止が発表された。

 同イベントについては18日の段階で、スタート地点である八王子市夕やけ小やけふれあいの里(上恩方町)から第1関門を設ける和田峠間の醍醐林道で複数の舗装破損や倒木などがあるとし、開催の可否を判断すると明らかにしていた。参加料の返金などについてはあらためて知らせるとしている。

 市では今月19日から市役所職員会館に「災害ボランティア支援センター」(TEL 090-8510-6046)を開設。市内在住・在勤・在学者を対象にボランティアの受付や派遣申し込みに応じているほか、自宅で入浴できない人を対象に夕やけ小やけふれあいの里と戸吹湯ったり館(戸吹町)の2カ所を無料開放するなどの対応を行っている。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?