暮らす・働く

「京王ライナー迎春号」運行、相模原線は終夜運転取りやめ 広域八王子圏の交通機関年越し対応

今回は「京王ライナー迎春号」として運行

今回は「京王ライナー迎春号」として運行

  •  
  • List
  •  

 広域八王子圏における年末年始のJR・私鉄・バス各社の対応についてまとめた。

中央線は12月31日に終夜運転を実施

 JRは12月30日~1月3日、休日ダイヤで運行する。大みそかは中央線の東京~高尾間で終夜運転を実施。各駅停車の電車を0時~5時の間、約20分~55分間隔で走らせる。青梅線では武蔵御嶽神社や塩船観音寺への初詣客に向け、立川駅始発の臨時快速電車「武蔵御嶽神社初日の出号」を上下3本ずつ運転する。

[広告]

 京王線も同30日~1月3日、土曜・休日ダイヤで運行。大みそかは、京王線・京王井の頭線で各駅停車の終夜運転を行う。運転間隔は京王線=約20~40分、京王井の頭線=30~40分。なお、本年度から調布~橋本駅間を結ぶ相模原線での終夜運転を取りやめるという。

 これまで初日の出時刻に合わせ、高尾山口行きの臨時列車「迎光号」を運転してきたが、今回から「京王ライナー迎春号」として運行。京王5000系車両を使った臨時座席指定列車で、新宿発として0時50分・1時30分・2時30分・3時30分の4本を運転するほか、7時40分発高尾山口発新宿行きも運行する。終夜運転として高尾山口発の臨時座席指定列車は今回が初めて。車両の前後にはヘッドマークを取り付ける予定で、同車両は1月7日までヘッドマークを付けたまま運行するという。

 車内では特典としてオリジナルトレーディングカードを配布。停車駅は府中・分倍河原・聖蹟桜ヶ丘・高幡不動・北野・めじろ台・高尾・高尾山口の各駅。運賃のほか、座席指定料金410円が必要。座席指定券は「京王チケットレスサービス」のほか、運行当日は空席がある場合のみ専用券売機でも販売する。

 高尾山内を走るケーブルカーについて、高尾登山電鉄(八王子市高尾町)は31日から1月1日にかけて終夜運転を行う。15分間隔、混雑時は7分間隔で運転する。高尾山内で運行しているリフトについては、1日5時に営業を始める。

 西東京バス(八王子市明神町3)は28日~1月5日、路線バスを休日ダイヤで運行する。このうち、28日・1月4日については土曜ダイヤがある系統でも休日ダイヤで運行するため注意を呼び掛ける。市内を回る地域循環バス「はちバス」は平常ダイヤとなる。京王バスも30日~1月4日の間、日曜祝日ダイヤを適用する。

 多摩都市モノレールは30日~1月3日、土休日ダイヤで運行するほか、大みそかは0時30分~5時の間、30分~45分間隔で運転する終夜営業を行う。

SmartNews Awards 2019

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?