見る・遊ぶ

サンリオピューロランド、複合現実を活用したアトラクション 期間限定で展開へ

1月15日にオープンする「ハローキティのスペースシューティング」のイメージ © 1976, 1990, 2001, 2005, 2010, 2020 SANRIO CO., LTD. © 2013, 2020 SANRIO CO., LTD. S/D・G

1月15日にオープンする「ハローキティのスペースシューティング」のイメージ © 1976, 1990, 2001, 2005, 2010, 2020 SANRIO CO., LTD. © 2013, 2020 SANRIO CO., LTD. S/D・G

  • 4

  • List
  •  

 サンリオピューロランド(多摩市落合)が1月15日、MR(複合現実)を活用したアトラクション「ハローキティのスペースシューティング」と「シナモロールのデコレーションカフェ」をそれぞれ始める。

「シナモロールのデコレーションカフェ」のイメージ

 「MR」は現実に仮想の世界を重ねて体験できるもの。今回はサンリオ(品川区)、NTTドコモ(千代田区)、ハロー(渋谷区)の3社が協働し、アトラクションを制作。空間コンピューティングデバイス「Magic Leap」を装着することで、体験型のインタラクティブアトラクションが楽しめるという。MRを活用したアトラクションは同園初。

[広告]

 「ハローキティのスペースシューティング」は、得点を競い合うデジタルシューティングゲームで、ハローキティからアドバイスを受けて高得点を狙う。得点に合わせてアトラクション限定のバッジを進呈する。

 「シナモロールのデコレーションカフェ」は、シナモロールと共にカフェのオープン準備を手伝うデコレーションゲーム。さまざまなスタンプを使って、オリジナルデザインのカフェを作り、デコレーションが完成したところで記念撮影を行う。撮影した写真データは持ち帰ることができる。

 対象年齢は14歳以上で、14歳未満の場合は別途、タブレット端末によって参加できる。アトラクションは同園エンターテイメントホールで展開。料金は「ハローキティのスペースシューティング」=700円(オリジナル缶バッジ付き)、「シナモロールのデコレーションカフェ」=1,200円(写真データ付き)。同園への入場には事前予約が必要。

 同園は今月5日、都が発表した緊急事態行動や今月7日に発令される予定の緊急事態宣言を受け、休日の営業時間の変更を発表した。今月31日までの対象期間中は、クローズ時間を19時から17時、アフタヌーン入場時間を15時から14時にそれぞれ変更。開園30周年記念のライブショー「Hello, New World ~虹を、つなごう~」など一部のイベントについては、上演開始時間や開催時間を変更する。

 両アトラクションの営業期間は2月14日まで。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?