標高500メートルのビアガーデン「高尾山ビアマウント」-今年も開店

「ビアマウント」の会場になる「高尾山展望台」の入口

「ビアマウント」の会場になる「高尾山展望台」の入口

  •  

 多摩地域で「ラーメンショップ 西海」などを手掛けるアーバン(日野市旭が丘5)は7月1日、高尾山に夏季限定で設置するビアガーデン「高尾山ビアマウント」(八王子市高尾町、TEL. 042-665-9943)の営業を開始する。

 同店は高尾山のケーブルカー「高尾山」駅のそばに設けられるビアガーデン。毎年7月1日~9月30日の夏季限定で営業している。山の中腹にあり、海抜500メートルという東京一高い場所で営業するビアガーデンとして知られ、ケーブルカーを運行する高尾登山電鉄もこのビアガーデンを「都心から横浜までの1000万ドルの夜景が一望できる」とアピール。この時期だけケーブルカーの運行時間を遅くするなど、高尾山の夏の名物となっている。

[広告]

 会場はケーブルカーの駅から徒歩5分の「高尾山展望台」を使用。展望台には売店や広場などがあり、同社はこの場所でレストラン「キッチンむささび」を手がけている。ビアガーデンは同レストランと広場を使って営業する。

 座席は計700席で、雨天にも対応した席も200~300席用意する。料理はバイキング形式で1人2時間制。和食、洋食、中華、イタリアンなど常時30食ほどを用意。ドリンクもビールに限らずワインやソフトドリンクなどを用意する。そのほか、わらび餅やフルーツポンチなどのデザート各種も。

 料金は、男性=3,300円、女性=3,000円、小学生=1,500円、幼児=500円。2時間経過後は30分ごとに500円の追加料金がかかる。営業時間は、平日=16時~21時30分、土曜・日曜・祝日=14時30分~21時30分。9月30日まで。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?