見る・遊ぶ

東京サマーランド、「トルネード」など36年の歴史に幕 跡地に新たなプール建設へ

9月25日に営業を終了する「トルネード」

9月25日に営業を終了する「トルネード」

  • 105

  • List
  •  

 東京サマーランド(あきる野市上代継)が7月20日、屋外遊園地「スリルマウンテン」の一部アトラクションの営業を終了し、跡地に新たなプールを建設すると発表した。

「ウェーブスウィンガー」も営業を終える

[広告]

 屋外エリア「アドベンチャーラグーン」と屋内エリア「アドベンチャードーム」の2つのプールエリアに、さまざまな種類のプールを展開している同園。今回は屋外遊園地「スリルマウンテン」にある同園唯一のコースターである「トルネード」、回転型空中ブランコ「ウェーブスウィンガー」の2機種の営業を終了した上で、跡地に新たなプールを造ることにした。

 1986(昭和61)年、「スリルマウンテン」のオープンに合わせて導入した同2機種は稼働36年の歴史に幕を下ろすことになる。同園広報担当者は「どちらも人気アトラクション。多くのお客さまに親しまれてきた」と話す。9月25日で営業を終了する予定といい、営業終了に合わせて今後、感謝の意味を込めた「ありがとうキャンペーン」を行う予定。

 2機種の跡地には、2024年夏の開業に向けて新たなプールの建設を進める。「既存のプールにはない冒険心をかき立てる仕様での新たなプールの建設に加え、周辺の環境整備も進め、あらゆる世代に楽しんでいただける、工夫を凝らしたエリアとして開発を予定している」と同担当者。今回の計画を進めることで、屋外プールエリアはさらに拡大することになる。「エキサイティングな体験ができる新感覚プールをメインに、自然に囲まれた中で、 新たな冒険をお楽しみいただける」とも。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

八王子経済新聞VOTE

「八経」こと八王子経済新聞に期待する記事は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース