3密を避けて新しい生活様式へ!

JR東日本、五日市線の「記念入場券」限定発売-開業85周年で

発売する「五日市線開業85周年記念入場券」

発売する「五日市線開業85周年記念入場券」

  • 0

  • List
  •  

 JR東日本八王子支社(八王子市旭町)は4月21日から、五日市線の開業85周年記念入場券を期間限定で発売する。

 五日市線は東京・昭島市の拝島駅からあきる野市の武蔵五日市駅までの間を走る路線で、昭島、福生、あきる野の3市を結ぶ。1925(大正14)年4月に私鉄の「五日市鉄道」が開業。その後、合併や国有化などを経て、今年で85周年を迎える。

[広告]

 今月21日は同路線の開業記念日にあたり、「これからも五日市線に親しんでいただくため、『記念入場券』を発売する」と同社。武蔵五日市駅・武蔵増戸駅・秋川駅・東秋留駅の4駅の記念入場券と、1987(昭和62)年に「秋川駅」と改称されるまで親しまれていた旧駅名「西秋留駅」のレプリカ入場券をセットで販売する。

 台紙には「五日市鉄道」時代に配布されていた、同線の路線図を載せた「南奥多摩秋川渓谷」のチラシをあしらった。4駅の入場券にはそれぞれ各駅をイメージしたシンボルを入れるなど工夫を凝らす。販売数は1,000セットで、購入は1人5セットまで。価格は520円。武蔵五日市駅で25日まで販売する。販売時間は7時~20時(21日のみ10時~)。期間中でも予定数がなくなり次第、販売は終了する。

 販売初日となる21日には、購入した「西秋留駅」の入場券に自分ではさみを入れる「入鋏(にゅうきょう)体験」も。携帯ストラップ、キーチェーンなど同社が開発した鉄道グッズの販売会も予定する。「入鋏体験」は10時~16時。期間中、購入客の中から50人に「オリジナル201系タオル」が当たるイベントも行う。

Stay at Home

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?