見る・遊ぶ

中央線・豊田駅開業110周年に合わせイベント-当日は猫駅長も登場

2月22日で開業110周年を迎えるJR豊田駅

2月22日で開業110周年を迎えるJR豊田駅

  • 0

  • List
  •  

 JR東日本八王子支社(八王子市旭町)は2月22日から、中央線・豊田駅(日野市豊田4)の開業110周年記念イベントを始める。

 同駅は1901(明治34)年2月に開業。近隣には東芝日野工場(旭が丘3)や帝人の構造解析研究所(旭が丘4)、首都大学東京の日野キャンパス(旭ケ丘6)など工場や研究機関が点在するほか、JR東日本の車両基地の一つである「豊田車両センター」もある。1日の乗降客数は約3万2,000人。昨年1月にはホームの発車メロディーを駅に近い旭が丘に住んでいた作詞家・巽聖歌(たつみせいか)の童謡「たきび」に変更し、話題を呼んだ。

[広告]

 同イベントは同駅が今年で開業110周年を迎えるのに合わせて行うもの。「日ごろから豊田駅をご利用いただいているお客さまに感謝の気持ちを込めて、地元自治体などとも連携しながら、さまざまな記念イベントを実施する」と同社。

 今回のイベントでは、開業日の2月22日が「にゃんにゃんにゃん」と語呂合わせできることから、昨年9月に青梅鉄道公園(青梅市)の「猫駅長」に就任した雌猫「のら」を一日駅長に任命。当日は同駅コンコースで「猫駅長」への戴帽と辞令の交付式を行う。10時から。

 イベントに合わせて、同所には昨年引退した「中央線201系」をかたどった撮影台を設置。26日・27日には子ども向けイベントとして「こども駅長さん記念撮影会」も予定。撮影台の設置は27日まで。

 22日と26日には、中央線の車両などを図柄にした記念入場券も販売。入場券は現在は使われていない硬券で、大人=130円分4種類と子ども=60円分4種類のそれぞれを記念台紙とセットで販売する。各日1,100セット限定。1人3セットまで。価格は760円。

 このほか、豊田駅をスタート地点に日野市内を巡るウオーキングイベントなども予定する。イベントは27日まで。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?