特集

【八王子ビートレインズ特集】バスケットカウント Vol.45 2022-23年シーズン第14節 ベルテックス静岡戦

  • 4

  • List
  •  

 2022-23年シーズンもB3リーグで戦う東京八王子ビートレインズ。同チーム広報の協力の下、ホームゲームの開催に合わせ、試合の見どころや選手について紹介していく。今回は、シリーズ第45弾。

 12月23日・24日にエスフォルタアリーナ八王子(八王子市狭間町)で行われた豊田合成スコーピオンズ戦を1勝1敗で終えたビートレインズ。1月7日・8日に品川区立戸越体育館(品川区)で行われた「しながわシティ バスケットボールクラブ」との連戦も1勝1敗で終え、ここまで10勝16敗、順位は16チーム中9位に位置する。

 今月13日・14日には、年明け最初のホーム戦となるベルテックス静岡との試合をエスフォルタアリーナ八王子で行う。今節の見どころを、チームを率いるTHTマネジメント(八王子市子安町3)広報の阪本さんと共に伝える。

 

第14節の見どころ 八王子ビートレインズ広報・阪本舞子

−新年1発目は品川とのアウェー戦でした。7日の試合は第1クオーターから品川が優勢で、勝利を許しました。8日はビートレインズが勝利しましたが、前節を振り返って感想は?
阪本 ジョン選手と大金選手の欠場もあり、2023年初戦を落としてしまいました。対戦相手も下位チームとはいえ、試合を重ねて戦力強化していることは間違いありません。八王子も踏みとどまることなく、一戦一戦を確実につかめるよう成長し続けていきます。

−今節は現在リーグ1位のベルテックス静岡との対戦です。2021年10月のアウェー戦以来となりますが、どのような試合になりそうですか?
阪本 今シーズンのB3リーグでは最も強力なチームの一つのベルテックス静岡。ガード、シューター、インサイドと各ポジションに良い選手がそろっていてバランスの取れたバスケットをしてきます。特に背番号7・エールセネル選手の3ポイントには気をつけなければいけません。なかなかフルメンバーで臨むことができずもどかしいですが、チームで補ってベルテックス静岡を迎え撃ちます。

−今節の見どころは?
阪本 2023年最初のホームゲームにはたくさんのゲストが応援に駆け付けてくれます。八王子で活躍するフラチナリズム、ザ・レインボーズのほか、シンガー・ソングライターのツチヤカレンさんも来場します。パワフルなゲストの皆さんの来場はとても心強いです。新春ゲームということもあり福袋も販売します。選手のサイン入りアイテムやチケットなどが入った、とても「お得」な福袋ですので、ぜひお買い求めください。

−いよいよ今シーズンも後半戦に入ります。今後に向けた意気込みを。
阪本 いつも応援、ありがとうございます。今シーズンはとても厳しい戦いが続いていますが、皆さんの応援がチームの背中を押してくれています。しっかりと声援に結果で応えられるよう、今節もチーム一丸で戦います。ぜひ会場にお越しください。2023年も八王子ビートレインズをよろしくお願いします。

−ありがとうございました。

1月13日(金) 19時 TIPOFF
1月14日(土) 14時 TIPOFF
会場=エスフォルタアリーナ八王子
VS ベルテックス静岡

写真提供:© TOKYO HACHIOJI BEETRAINS

【東京八王子ビートレインズ】

2012年春にバスケットボールを通じて八王子のまちおこしを目指そうと「東京八王子トレインズ」として結成。2015年には当時の国内リーグ「日本バスケットボール育成リーグ(NBDL)」に加盟。2016年秋からスタートした男子プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」では、「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボール(JPBL)」が手掛けるB3リーグに参入した。2017年シーズンは同リーグを優勝で終え、B2・B3リーグ入れ替え戦にも勝利。2018年シーズンからは「東京八王子ビートレインズ」と名を変え、B2リーグに参戦していたが、昇格からわずか1年でB3に降格。2019~2021年シーズンに続き、今季もB3リーグで戦う。

 

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

八王子経済新聞VOTE

「八経」こと八王子経済新聞に期待する記事は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース