八王子のCATV局、地域ニュースをリニューアル-週末は生放送に

「デイリーニューステレメディア」を手がける遠藤さん(左)、東さん(右)とキャスターの富並さん(中央)

「デイリーニューステレメディア」を手がける遠藤さん(左)、東さん(右)とキャスターの富並さん(中央)

  •  
  • List
  •  

 ケーブルテレビ局「JCNテレメディア」(八王子市旭町)は10月7日、これまでの地域情報番組「デイリー八王子」を「デイリーニューステレメディア」としてリニューアルを図った。

 地上デジタル11チャンネル「JCNテレメディアチャンネル」の中で展開してきた「デイリー八王子」。1週間分の情報をまとめて週末に放送するダイジェスト版と併せて、地域のニュースや行政情報、市民の活動などを伝えてきた。

[広告]

 今回のリニューアルでは、地域ニュースの紹介に加えて日替わりコーナーを設けた。同局の25周年記念ソング「幸せのキセキ」に携わったことでも知られるバンド「フラチナリズム」とのコラボ企画などを立ち上げるほか、木曜・金曜放送分については生放送へと変更し、商店街や地元の話題スポット、イベント会場などとの中継にも取り組む。

 「これからは『週末にこういうイベントがあるんだよ』という情報提供にも力を入れていきたい」と企画・制作部制作・編成グループの東さん。「実際に八王子の市民の方に登場してもらって、自分たちのイベントをPRしてもらう。ライブ感を出すことで相手の本音なども引き出せるようになるのでは」

 生放送には災害時など緊急事態への備えの意味合いも込める。「情報がなくて困っている時に、地域でどのようなことが起きているのか、行政がどのように対応しているのかを伝えるためには、生放送という形で普段からスタッフやキャストも慣れておく必要がある」と同グループリーダーの遠藤さん。「中継が浸透として街に出て何かやっているということが皆さんにも伝わっていけば局の認知度を上げることにもつながってくるのでは」と期待を込める。

 番組のリニューアルを受け、「生になるとその時のリアルタイムのニュースが伝えられる」と番組でキャスターを務める富並望さん。「リアルタイムで伝えていけるということは地域の方にとっても心強いメディアになっていくと思う。もしもの時には頼ってもらえるようなメディアになっていければ」としたうえで、「地域の特徴や感心のあることにさらにアンテナを張っていきたい」と意気込む。

 番組は平日に放送。初回は各日18時~18時20分。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?