天気予報

10

1

みん経トピックス

大学生が一風変わった事業京王、外国人向けバスツアー

八王子の商店街が観光ガイドブック発行-「西の巣鴨」目指しアピール

  • 0
八王子の商店街が観光ガイドブック発行-「西の巣鴨」目指しアピール

「KURAMA BOOK」を手掛けた中野さん

写真を拡大 地図を拡大

 八王子市内を通る甲州街道(国道20号)沿いの商店街「八幡上町商店街くらま会」が現在、八王子の街中を巡るオリジナル観光ガイドブック「KURAMA BOOK」を作成し、商店街各店などで配布している。

 八王子と関わりの深い人物や名所、イベントなどをまとめた同冊子。武田信玄、徳川家康に重用され、徳川幕府時代に勘定奉行、老中を務めた大久保長安や江戸中期から後期にかけて活躍した俳人・榎本星布(せいふ)、武田信玄の五女・松姫の人となりを写真やイラストをふんだんに使って紹介するほか、多摩地区最大の山車(だし)まつりとして知られる「八王子まつり」を題材とした記事も展開。八王子の歴史と現在をまとめた一冊となっている。

 同会では、商店街の活性化を目指して、さまざまな活動を実施。昨年は大久保長安を題材にしたチラシを制作し、新聞折り込みの形で配布するなど地元の観光資源を生かす努力も進めている。今回のガイドブックについて、「地域で役立てていただけるコミュニケーションツールとして作った」と同会会長で洋品店「イツミヤ」(八王子市八幡町)とジュエリーリフォーム店「ポッパナ」(同)を営む中野さん。「普通に宣伝をやっていてもあまり効果はない。昨年配布したチラシの反響が良かったこともあり、方向は間違っていないと思えたこともあり踏み切った」と話す。

 昨秋から商店街の若手が中心となって取り組んできた。「店の営業が終わった後に企画会議を行うなど大変だった」と中野さん。企画や冊子のデザインは八王子を中心に活動するデザイナーユニット「TRICKY(トリッキー)」(子安町1)が担当。アトリエ・カモミール(万町)を拠点に活動するアーティスト・Yamamoto Harucaさんらがイラストを手掛けるなど地元の若手作家の力も借りて作り上げた。中野さんは「皆さん本当にいい仕事をしてくれた」とほほ笑む。

 高齢者でも手に取ってもらいやすいよう文字の大きさにも配慮したほか、かわいらしくやわらかい雰囲気で女性にもアピールする。「歴史自体に興味がない人でも読みたくなるようなものをと思い作り上げた」と中野さん。今回は1万部を用意し、2月中旬から商店街の各店を中心に配布。「八王子の歴史に興味を持っていただき、その中で商店街に来てほしい」。同会では「熟年のテーマパーク」となることを目指して、今後もさまざまな取り組みを進めることをしており、「まずは大久保長安ブームを起こして、10年後には『西の巣鴨』と呼ばれるようになりたい」と夢を膨らませる。

 サイズはA4版、26ページ。無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

アクセスランキング