食べる

「冷たい八王子ラーメン」、東京西地区のセブン-イレブンで販売へ

7月31日から販売を始める「冷たい八王子ラーメン」

7月31日から販売を始める「冷たい八王子ラーメン」

  •  

 セブン-イレブン・ジャパン(千代田区)が7月31日、東京西地区にあるセブン-イレブン約1000店で「冷たい八王子ラーメン」の販売を始める。

 「八王子ラーメン」は濃いめのしょうゆスープに刻んだ生玉ネギをトッピングしたご当地ラーメン。今回は夏向けの商品として、鶏ガラベースのスープに煮干しの風味を加えた冷製麺に仕上げた。

[広告]

 2種類の大きさに刻んだタマネギを混ぜることで、麺やスープになじむよう工夫する。「冷たいながらも、スープまでおいしく食べていただく規格に仕上げた」と同社広報担当者。昨年までの同商品と比べて、タマネギを30%増量するなど、よりタマネギの食感を楽しめるようにしたという。

 商品開発には、八王子ラーメンでまちおこしを進める地元の市民団体「八麺会」が参画。同会の定める「刻んだ玉ネギを使うこと」「スープの上に油が覆うこと」「しょうゆダレ」という八王子ラーメンの定義が盛り込まれている。

 パッケージには同会オリジナルキャラクター「はちどん」をあしらうなどこだわりも。担当者は「『八王子ラーメン』を通じて八王子市を知っていただこうという考えのもと開発した。これからも地元で愛される商品開発を推進し、地域の皆さまにより良い商品の提供に努めていきたい」と話す。

 価格は398円。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?