八王子・中町にコワーキングスペース プログラマーらノマドワーカーの集まる場目指す

5月16日にプレオープンした「WakU2」の店内

5月16日にプレオープンした「WakU2」の店内

  •  

 八王子駅近くの西放射線通り商店街(ユーロード)通り沿いの中町公園前に5月16日、コワーキングスペース「WakU2」(八王子市中町)がプレオープンした。

複合機を備える店内の様子

 公園前の「ひまわりビル」7階にオープンした同所。席数はテーブル席など20席。コピーなどができる複合機、給茶器、冷蔵庫、ロッカー、ラウンジスペースを備えるほか、仕事がしやすいよう机は広めの物を採用するなど工夫する。

[広告]

 Genpls(中町)のCEOで、プログラマーでもある宮本博徹さんが一念発起し、プログラマーを始めとした、ITを駆使しオフィス外で仕事をするノマドワーカーらが集える場所になるようにと思いを込めオープンさせた。「昨年転職し仕事をするために各地のコワーキングスペースを巡っていたが、ITの発展でノマドが一般的になる中、願っているようなスペースがなかったので自分でやってみようと思った」と宮本さん。

 動き出したのは昨秋。もともとエステティック店だった物件を居抜きで借り、個別の部屋に分かれていた空間を全て取り壊して内装を仕上げるなど苦労を重ねたという。「浴室もあったため解体がとにかく大変だった」と振り返る。

 内装は木目を生かし、席同士の間隔を広く取るなどプログラマーやエンジニアなどIoTに関わる技術者にとって仕事がしやすい場所にしようと工夫を施す。中でも、給茶器は「コワーキングスペースの多くでは炭酸飲料が提供されていない。コーラを飲みながらプログラミングがしたい」という宮本さんの願いを反映し、コーラも提供できるようこだわった。

 プレオープン期間中はドロップインでの利用のみに限っているが、6月上旬にも予定するグランドオープン以降は月額利用や法人登記にも対応するほか、子ども向けのプログラミング講座をはじめとしたイベントに加え、同所をベースとした人材育成などにも取り組んでいく方針という。「特にイベントについては、八王子近郊の皆さんが参加できるIoT系の催しをやっていきたい」と意気込む。 

 宮本さんは「フリーランスは自分で生活の糧を確立していかなければならないため、未経験な人でも育て上げられるような場にしていきたい。コワーキングスペースに来ることで人とのつながりを作り、新しいビジネスを作り出せるようにできれば」と期待を込める。

 営業時間は9時~18時(プレオープン期間中は平日のみ営業)。一時利用(ドロップイン)料金は、1時間=250円、1日(4時間以上)=1,000円。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?