食べる 買う

八王子・京王堀之内で「のうちのマルシェ」 「堀がない」堀之内地区の魅力再発見目指す

「のうちのマルシェ」の運営に携わる皆さん

「のうちのマルシェ」の運営に携わる皆さん

  •  
  • List
  •  

 京王線・京王堀之内駅から徒歩3分の位置にある別所ふれあい公園(八王子市別所1)で5月28日、地域の店などが集まるイベント「のうちのマルシェ」が行われる。

手作りの看板も用意し準備万端

 八王子市の東部に位置し、平安時代には堀がありその内側だったことから「堀之内」の名が付いている同エリア。今回は市民有志が集まり、現在では堀がないことから堀の字を取り「之内(のうち)」として、地域の魅力を再発見してもらうため、近隣からさまざまな店が集いマルシェを開く。

[広告]

 当日は、市内で新規就農に向けた支援などを進めているFIO(堀之内)をはじめ、犬のおやつを扱う「NISHI-HACHI DOG COOKIE STAND(西八ドッグクッキースタンド)」(泉町)、手作りハムやソーセージを扱う独逸屋(町田市)など個性豊かな28店が軒を連ねるほか、会場内に用意するステージではライブなども行われる。

 今回初開催となる同イベント。実行委員長で「陶芸スタジオ えあで」(別所1)主宰のフじイまさよさんは「八王子の多摩市、町田市、日野市、相模原市に隣接する堀のない『京王堀之内』を中心に『のうちの』を、行政、沿線の垣根を超えたコミュニティーの呼び名として新たに価値を持たせ、『のうちの』の定着と活用を願う市民活動」と話す。

 「のうちの」エリアの食、サービス、文化を地産地消していくことを推進していくことにしており、「店、クラフトマンなどで交流を持ち、『のうちの』エリアの住民により愛着を持ってもらえるイベントを育てていきたい。今回はその1回目で、まずはやってみようということになった」。

 会場では出店者などの情報をまとめた「のうちの街歩きマップ」の配布するほか、「のうちの」のロゴが入った手ぬぐいなどノベルティーも販売予定。フじイさんは「『のうちの』を一緒に盛り上げていきましょう。地元も楽しいですよ」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~15時。入場無料。雨天決行。荒天時は今月29日に順延する。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?