天気予報

22

16

みん経トピックス

都市緑化フェアに20万人工学院大、豪州縦断果たす

八王子のコワーキングスペースで「旅する沈金師」 作業の様子を披露

八王子のコワーキングスペースで「旅する沈金師」 作業の様子を披露

般若心経を彫り込んだ作品を持つ春日さん

写真を拡大 地図を拡大

 八王子駅近くの西放射線通り商店街(ユーロード)通り沿いにあるコワーキングスペース「8Beat(エイトビート)」(八王子市三崎町、TEL 042-649-6681)で10月14日、沈金師の春日友子さんが作業の様子を披露するイベント「旅する沈金師」が行われる。

 刃物で文様を彫り、そのへこみに漆を刷り込んだところに金粉や銀粉、色の粉を沈めて模様を描く沈金。地元出身・在住の春日さんは石川県立輪島漆芸技術研修所在学中、1999年に沈金で人間国宝(重要無形文化財保持者)として認定された漆芸家の前史雄さんの下で学んだ。

 日頃から「8Beat」で作業を行い、過去には「あなたの知らない漆の世界」と題したセミナーも開催するなど、さまざまな活動を行ってきた春日さん。今回は来春の個展開催に向けて行っている作業を披露する。

 「沈金はマイナーな技法。出来上がったものだけ見ていただいても分からないと思う。沈金はこういうものなんだということは見てもらうほうが合点がいくかと思い企画した。体験講座でもセミナーでもないが、舞台裏をいっぱい見ていただこうと思う。彫っている途中を触っていただき、肌で感じていただくと分かってもらえるのでは」と春日さん。

 コワーキングスペースで作業を進めるメリットについて、「非常にアナログな仕事だが周りの方々が集中しているのに合わせて集中できる」。ほかの利用者と交流を図ることで「おしゃべりしながらお互い知らない世界を共有できる」とも。

 今後も「旅する沈金師」の名の通り、開催場所を変えながら続けていきたいという。「場所を提供してくれる方がいたら、12月くらいにはまた開催したい。場所にはとらわれない。片道切符をいただければどこへでも伺う」と意気込む。

 開催時間は11時~13時、16時~18時。同施設のドロップイン利用料500円が必要。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

アクセスランキング