見る・遊ぶ

「東京八王子トレインズ」ファーストステージ優勝 8勝2敗で勝ち点3獲得

ファーストステージを優勝で終えたトレインズ(写真提供=東京八王子トレインズ)

ファーストステージを優勝で終えたトレインズ(写真提供=東京八王子トレインズ)

  •  
  • List
  •  

 泉市民体育館(立川市)で10月29日、プロバスケットボールチーム「東京八王子トレインズ」の2017-2018シーズンファーストステージ第5節第2戦「大塚商会アルファーズ」戦が行われた。同試合はトレインズが勝利し、ファーストステージを優勝で終えた。

B3リーグの丸岡茂樹理事長が優勝のプレートを授与

 6チームで争ってきたファーストステージ。トレインズは9月28日に行われた「鹿児島レブナイズ」戦を皮切りに、「東京サンレーヴス」「東京エクセレンス」「埼玉ブロンコス」の順で戦い、6勝2敗、1位でファーストステージ最終節を迎えた。

[広告]

 今月28日に行われた第1戦には400人を超える観客が集まった。試合は第1クオーターからトレインズが先行。第3クオーターはアルファーズに奪われたが、第4節は再びトレインズがポイントを重ね、83対64で勝利。しかし、2位のエクセレンスもサンレーヴスに対して101対77で勝利したため、第2戦まで順位の確定は持ち越された。

 台風22号が近づくあいにくの天気の中、第2戦は525人の観客が試合を見守った。28対23、20対13、24対19、37対27と各クオーターともトレインズが獲得し、109対82で勝利。エクセレンスもサンレーヴスに対して88対78で勝利したが、ファーストステージを8勝2敗で終えたトレインズがエクセレンスを1ゲーム差で上回り優勝が確定。合わせて勝ち点3.0も与えられた。

 チームを運営するTHTマネジメント(八王子市子安町3)の和田尚之代表は「優勝できてとてもうれしく思っている。創設3年目のシーズンで初タイトルを獲得でき、頑張ってくれた選手、社員、支援してくださった多くの方々に感謝の気持ちでいっぱい」と話す。

 「今シーズンはB3リーグ優勝とともに入れ替え戦に勝って、B2に昇格することが目標。気を引き締め直して戦っていきたい。昨シーズンの悔しい思いから会社としてはライセンスを取るために多くの方に支援をいただき組織強化を行った。チームに関しても優勝できる戦力をそろえてきたつもり。集客に関しては、まだまだB2レベルに達していない状況なので、ぜひ会場で応援していただければ」と呼び掛ける。 

 来年3月まで続くレギュラーシーズンは「東京海上日動ビッグブルー」「アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城」「豊田合成スコーピオンズ」を加えた9クラブが出場し、11月4日から始まる。トレインズは同日、西之表市民体育館(鹿児島県西之表市)で行われる「鹿児島レブナイズ」戦から参戦する。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?