見る・遊ぶ

東京八王子トレインズ、チーム名を「ビートレインズ」に ロゴも変更

新たなチーム名とロゴを発表する和田さん

新たなチーム名とロゴを発表する和田さん

  •  
  • List

 プロバスケットボールチーム「東京八王子トレインズ」が6月29日、チーム名を「東京八王子ビートレインズ」に変えると発表した。

 2012年春にバスケットボールを通じて八王子のまちおこしを目指そうと結成された同チーム。2015年には当時の国内リーグ「日本バスケットボール育成リーグ(NBDL)」に加盟。2016年秋からスタートした男子プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」では、「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボール(JPBL)」が手掛けるB3リーグに参入した。

[広告]

 今シーズンはファーストステージ、レギュラーシーズン、ファイナルステージのそれぞれを優勝し、3冠を達成。5月27日に横浜アリーナ(横浜市港北区)で行われたB2・B3リーグ入れ替え戦「岩手ビッグブルズ」戦に勝利し、今秋からのB2昇格を決めている。

 今回は新シーズン開幕を前にチーム名を変更することにした。英語表記は「TOKYO HACHIOJI BEE TRAINS」で、「ビー」にはバスケットボールの「B」や八王子から連想してハチを意味する「Bee」、「存在する」「みんなが一つになる」という意味合いから「Be」の意味を込めたという。選手兼社長としてチームを率いてきたTHTマネジメント(八王子市子安町3)の和田尚之社長は「今までの形を壊さずに『ビー』を付けた」と話す。

 「クラブライセンスを取るためには商標を取らなければならなかったが、他社が『トレインズ』という商標を持っていたためわれわれが申請をしても商標が取れなかった」と和田さん。「2部に昇格したところでトレインズの第1章が終わった。ここからは第2章が始まる。Bリーグに入るということで、きちんとした覚悟を持ってやらなければならない。今まで以上に勢いを持った『ビートレインズ』でB2に旋風を起こしたい。まずは八王子にプロバスケットボールチームがあるということをプロモーションすることから始めたい」と説明する。

 今回の発表に合わせて、和田さん自身がトレインズと結んでいた選手契約が満了し、Bリーグの「自由交渉選手リスト」に公示されたことも発表。和田さんは「ほかのチームからオファーを待っている状況。(トレインズの)奥野ゼネラルマネジャーとチーム編成をしている中で、ちょこちょこと『和田はどうだ』と薦めているが聞いてもらえない。アピールはしているつもり」と笑う。「自分でプレーしたいという思いもあるが、地元チームには地元出身の選手が欲しい。代わる選手が早く出てきてほしい」とも。

 これまでチームを支えてきたエドワード・モリス選手が契約満了に伴い、「横浜ビー・コルセアーズ」への移籍が決まるなど、新シーズンはチームとしても新たな出発を図ることになる。「契約した選手は7月から練習が始まる。B2になると3地区に分かれるが、まずは地区で優勝したい」と意気込む。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?