学ぶ・知る

夏休みに合わせ「キッズワークショップ」 八王子のカフェ、ものづくり体験中心に

カフェ「オカッパ」の安藤さん(手前最左)とワークショップで講師を務める皆さん

カフェ「オカッパ」の安藤さん(手前最左)とワークショップで講師を務める皆さん

  •  
  • List

 八王子駅から徒歩5分ほどの場所にあるカフェ「オカッパ」(八王子市東町、TEL 042-643-3855)が7月23日から、夏休みに合わせて子どもたちをメインターゲットにした「キッズワークショップ」を開催する。

 8月23日までの期間中、7コースのワークショップを開く同イベント。同店のほか、制服から人形に着せるミニチュアサイズの服を作る「タンティーヌ」さんや、アートセラピーなどを手掛ける「なないろカフェ@はちおうじ」、「ときめき工房 TAMIZO」、アーティストやクリエーターの活動をサポートしている「CREATE FARM」といったハンドメードでものづくりを行っている女性作家ら5組が講師を務める。

[広告]

 7月23日・8月8日は無地のドレスに飾り付けを行う「楽しくデコろう!ドール服」(800円)と、木製パーツを組み合わせてカブトムシを作る「わくわく昆虫」(1000円)を開催。以降、7月24日・8月7日=伸ばしたコイル状にしたアルミのワイヤに輪を入れ回転させる遊具を作る「いっしょにつくろう クルクルロロル」(550円)、7月26日・8月23日=長方形の紙を使ってオイルパステルで自由に描く「アコーディオン風絵本作り」(700円)、7月27日・8月21日=無地のうちわにちぎり絵を施す「夏のちぎり絵うちわ」(700円)、7月29日・8月19日=「チーズ入りコロッケづくり」や「八王子野菜のピザづくり」(各1,200円)のワークショップをそれぞれ行う。

 キッズワークショップは今年で3回目。「オカッパ」店主で管理栄養士でもある安藤雅子さんは「幼稚園のお子さんがいるお母さんは休みになると午前中、お子さんと2人きりになってしまう。お子さんを連れて楽しめる時間を提供できたらいいのではないかと提案を頂き2年前から行っている」と話す。「そんなにお金をかけずとも連れていける場所が増えたらいいというところから始めている。気軽に参加してほしい」とも。

 店が営業を始める前の午前中を活用。「家でやりたいけどできないことを思う存分できる場所になれたら。授業と違って、どの講師もその人が思うものを形にしようと子どものセンスに任せて自由に行う。キッズと銘を打ってはいるが、大人の方にも参加していただきたい」と呼び掛ける。

 夏休みということもあり自由研究の課題になるものを用意したという。「CREATE FARM」の塩越和子さんは「夏の楽しい思い出づくりになれば」とアピールする。

 開催時間は9時30分~10時30分(7月29日は10時30分~12時30分、8月19日は11時30分まで。予約制で申し込みは店頭のほか電話でも受け付ける。定員は各回10組程度。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?