見る・遊ぶ

甲州街道の商店主撮り続け写真展 八王子のアマ写真家が2年半がかりで撮影

写真展を行っている金沢さん

写真展を行っている金沢さん

  •  

 八王子市内の甲州街道沿いに店を構える商店主の姿を写した写真展「金沢伸吾写真展 甲州街道に生きる」が9月6日、ギャラリーロックーニ(八王子市八日町)で始まった。

ギャラリー全体を使って作品を展示

 地元在住のアマチュア写真家・金沢伸吾さんが手掛ける同展。2016年1月にオープンしたサイト「甲州街道八王子 甲州街道とそこに生きる人々」で取り上げられた人々の写真を紹介するもので、同サイトでは八王子で洋品店「イツミヤ」(八幡町)を営む中野智行さんを皮切りに、これまでに100人を超える店主を紹介してきた。

[広告]

 今回は甲州街道・追分交差点から明神町交差点までの約100軒、130枚以上の作品を使って展示。道の流れに沿って展示を行っているほか、フレームを付けて展示を行っている店主のポートレート写真については、老舗から最近オープンした店へと流れるように展示するなど工夫している。

 「なぜ甲州街道が発展して、100年も続いているのか。それは家族のつながりなんじゃないかという思いと、新しいお店が次につながって街が発展していけばいいという思いを込めた」と金沢さん。

 反応は上々で、「見ていただいた方の感触は良い。懐かしいと言ってくださる方もいる。いろいろな方に来てほしい」。今後は追分交差点以西、西八王子寄りの店も撮っていきたいという。「街中も含めて八王子全体で撮っていきたい」と意気込む。

 開催時間は10時~18時(最終日は17時まで)。今月11日まで。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?