見る・遊ぶ

「八王子まつり」開催迫る 市内最古の山車復元、ケーブルテレビで中継も

八王子の中心市街地で行われる「八王子まつり」

八王子の中心市街地で行われる「八王子まつり」

  •  
  • List
  •  

 多摩地区最大の山車(だし)まつり「八王子まつり」が8月2日~4日、行われる。

八幡町では復元修理した山車に合わせた旗が沿道に飾られている

 甲州街道(国道20号)をメイン会場に山車やみこし、民謡流しやパレードなどさまざまな催しを行う同祭。毎年8月の第1金曜から3日間の日程で行われ、昨年は3日間で約73万人の観客が訪れた。

[広告]

 今年の話題は、江戸後期に建造されたと伝えられる「旧八幡町2丁目の山車」が、当時の姿である「八王子型一本柱立て人形山車」として復元修理され、祭当日に登場すること。市指定文化財で、明治時代には山車の屋台部分を改修し引いていたとされているが、1988(昭和63)年以降、使用されていなかったという。柱の上の山車人形「諌鼓鳥(かんこどり)」は、200年前の1819(文政2)年に作られたとされ、市内最古の一本柱立て山車であることから、市制100周年をきっかけに3年掛けて復元修理を行った。一本柱の立ち上げは約110年ぶりで、同日19時から旧八千代銀行前(八幡町)で行う予定。

 初日は八王子駅近くの西放射線通り商店街(ユーロード)で、氷彫刻を作る全国の料理人による「氷の彫刻展」や八王子芸妓が踊りを披露する「宵闇(よいやみ)の舞」などを開催する。

 2日目は、甲州街道沿いで一斉に太鼓を演奏する「関東太鼓大合戦」や民謡流し、山車が甲州街道に繰り出して巡行する「山車巡行・神輿渡御」などを行う。最終日は、八王子の西半分を鎮守する多賀神社(元本郷町4)の宮みこし「千貫みこし」や東の総鎮守・八幡八雲神社(元横山町2)の宮みこしが登場。多賀神社を中心とした「上地区」と八幡八雲神社を中心とした「下地区」に分かれて山車が練り歩き、すれ違ったり寄せ合ったりする「ぶっつけ」も行われる。期間中は甲州街道沿いに露店が並ぶほか、街中を巡って朱印を集める「山車會所めぐり」などの催しも開催する。

 3日・4日の同祭の様子は、ケーブルテレビ局「J:COM 八王子・日野」などで特別番組として中継放送する。7月に新たな八王子観光大使に任命された歌手の北山たけしさんをゲストに迎え、会場から生中継を行うことにしており、番組に合わせて、「ジェイコムショップ八王子店」(中町)では、八王子自慢のメッセージを募集する「ココが好きです!八王子♪」と題した企画を展開。集められたメッセージカードは番組内で紹介するという。

 八王子市・あきる野市・日の出町・日野市・立川市・昭島市・国立市・東大和市・武蔵村山市・小金井市・国分寺市・府中市・東久留米市・小平市・西東京市・東村山市・清瀬市・武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市と世田谷区を放送エリアに持つ、J:COM各局のコミュニティーチャンネル「J:COMチャンネル」で放送。放送時間は、3日=15時~20時30分(一部の局では18時30分~)、4日=15時30分~21時(同18時~)。当日はスマートフォン向け地域情報アプリ「ど・ろーかる」でも視聴できる。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?