3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

八王子で「聖火リレー」リハーサル 交通規制やバスの区間運休も

八王子市役所では貼り紙を出して注意を呼び掛けている

八王子市役所では貼り紙を出して注意を呼び掛けている

  •  
  • List
  •  

 八王子駅南口から富士森公園(八王子市台町)にかけて2月15日、東京2020オリンピック聖火リレーのリハーサルが行われる。

セレブレーション会場となる富士森公園

 3月26日に福島県楢葉町・広野町の「ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ」を起点にして始まる聖火リレー。八王子は都内を巡る聖火リレーとしては2日目となる7月11日、多摩市、日野市、昭島市に続いて走ることになっており、最終地点となる富士森公園(八王子市台町)では、聖火の到着を祝う式典「セレブレーション」が行われる。

[広告]

 東浅川町にある「1964年東京オリンピック大会自転車競技記念碑」をスタート地点として、国道20号(甲州街道)を追分方面に向かって進み、本郷横丁交差点で右折。信松院前交差点まで進んだ後は南大通りに入り、八王子駅南口交差点に向かう。駅南口からは子安町3丁目交差点まで進み、その後、ゴール地点である富士森公園へと向かう形になっている。今回はこのうち、子安町3丁目交差点~富士森公園間でリハーサルが行われる。

 リハーサルに合わせて、周辺道路では交通規制を実施。規制が行われるのは、17時30分~19時30分=子安町3丁目~万町間、国道16号・市立第3小学校~子安町間の「エリア1」、17時35分~19時40分=万町~富士森公園周辺、八王子消防署入口~富士森交番前~富士森公園前~市民体育館間の「エリア2」、17時40分~19時45分=富士森公園前~松姫通りの「エリア3」

 走行ルート上は居住者であっても車両などでの通行や横断はできないが、沿道でリハーサルを観覧することは可能だという。富士森公園東側駐車場はリハーサルで使用するため、関係者以外立ち入りできない。

 リハーサルの実施に当たり、京王バスは周辺道路を走る路線について区間運休や行き先を変更。規制が行われる時間に合わせて、東京家政学院~八王子駅南口を結ぶ「八62」「八64」については山田駅、「八67」については朝日ヶ丘団地坂下、法政大学~八王子駅南口を結ぶ「八97」については山田駅、「八96」については西八王子駅南口でそれぞれ折り返し運行を行う。

 同社によると、八王子駅南口が起点となる南大沢駅行きの「八60」「八61」、片倉台行きの「八65」、八王子画みなみ野駅行きの「八69」、多摩美術大学行きの「八70」の各路線でも遅延が起きることが見込まれるという。

Stay at Home

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?