見る・遊ぶ

サンリオピューロランドで夏季限定イベント カメラ片手に楽しめる企画用意

「夏ぴゅーろ ~あの夏をもう一度~」のキービジュアル © 2022 SANRIO CO., LTD. TOKYO, JAPAN S/D・G 著作 株式会社サンリオ

「夏ぴゅーろ ~あの夏をもう一度~」のキービジュアル © 2022 SANRIO CO., LTD. TOKYO, JAPAN S/D・G 著作 株式会社サンリオ

  • 14

  • List
  •  

 夏季限定イベント「夏ぴゅーろ ~あの夏をもう一度~」が7月8日、サンリオピューロランド(多摩市落合)で始まる。

3階「エントランス」では、ひまわり畑をイメージしたフォトスポットを展開

[広告]

 夏に合わせたさまざまな企画やフードメニュー、オリジナルグッズの販売などを行う同イベント。今回は写真撮影が楽しめる企画を多数用意し、「思い出になる夏」をテーマに据える。

 1階「エンターテイメントホール」入り口付近に設ける特設ブースでは、富士フイルムイメージングシステムズ(品川区)協力の下、自分の好きなタイミングで撮影を楽しむことができる有料スタジオ「セルフ写真館」を展開する。ブース内にはカチューシャやぬいぐるみなどの撮影に使うことができる小道具も用意する。事前予約制で、料金は4,000円~(データ一式込み、2人まで。1人追加ごとに500円、最大7人まで)。

 3階「エントランス」では、ひまわり畑を舞台にキャラクターとの写真が撮影できるフォトスポットを用意する。拡張現実(AR)を活用して、園内を回遊しながら、キャラクターと一緒に海で過ごす写真や動画が撮影できる企画「夏ぴゅーろAR おもいでの海」も行う。

 イベントに合わせて、「麦わら帽子ハムカツカレー」(1,450円)、「ビーチボールチーズコロッケカレー」(1,450円)、「夏野菜畑のサラダうどん(中華風ごまだれ)」(1,150円)など、キャラクターたちの夏の思い出を表現したという14種類のフードメニューを新たに提供する。アクリルスタンドやミニタオル、クリアファイルなどイベント限定のオリジナルグッズも販売する。

 園内スクリーンでは、不定期でショートムービー「OMOIDE Summer Movie」を上映する。サンリオキャラクターの「ディアダニエル」「シナモロール」によるものと、「マイメロディ」「クロミ」が出演するものの2作品を用意する。どちらの作品もイベントのテーマに合わせて、おそろいの麦わら帽子を着け、新コスチュームをまとったキャラクターが登場する。8月にはビジュアルブック刊行を予定する。動画は順次、同園の公式ユーチューブチャンネルでも公開する。

 8月31日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

八王子経済新聞VOTE

「八経」こと八王子経済新聞に期待する記事は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース