食べる 見る・遊ぶ 買う

3年ぶりに「オンガタマルシェ」開催へ 八王子・恩方エリアで街の魅力発信

「オンガタマルシェ」の運営に携わる門脇さん(写真左)と新井さん

「オンガタマルシェ」の運営に携わる門脇さん(写真左)と新井さん

  • 74

  • List
  •  

 八王子・恩方エリアをテーマとしたイベント「オンガタマルシェ」が9月24日、小田野中央公園(八王子市西寺方町)で行われる。

過去に行われた「オンガタマルシェ」の様子

[広告]

 2018(平成30)年6月に初開催し、今回で4度目となる同イベント。会場となる小田野中央公園は八王子市と市民が協働で作った公園で、北浅川沿いに位置する。当日は、全長620メートル、総面積約3.1ヘクタールの同園の中に出展者が並ぶブースやステージなどを用意してイベントを行う。

 出店数は合わせて70。八王子駅南口近くのカフェ「LAMP COFFEE(ランプ・コーヒー)」(子安町1)やイタリアンレストラン「il Ciccione(イルチッチォーネ)」(横山町)など八王子の中心市街地に店を構える飲食店なども出店する。4月に発表された、市民が「一押し」の店を推薦し決める「八王子お店大賞」受賞店の、イタリア料理店「アル ガンベリーノ」(下恩方町)、うなぎ高瀬(小宮町)も出店する。

 八王子市小津町の地域活性化に向けたプロジェクトに取り組んでいるNPO法人「小津倶楽部(くらぶ)」、恩方エリアで農家を営む「さかもとファーム」、小沢製作所(美山町)が手がけるアウトドアブランド「OZOPS(オズオプス)」、CREAP(西寺方町)が手がける雑貨店「CREAP STORE」、下恩方町に事業拠点がある身体拡張ロボット「スケルトニクス」などに加え、陶器作家のかとうようこさん、同じ陶器作家の上島かな子さんが陣馬山麓に設けるアトリエ「調麓窯」など食からアートまで八王子のさまざまな物が一堂に集まる。

 八王子市が展開する実験プロジェクト「八王子水辺活動チャレンジ『ミズカツ』」の一環で、浅川に住む生き物を観察する「ガサガサ」体験イベントを同時開催する。対象は小学4年生以上の子どもと保護者。当日は11時~12時、14時~15時の2回開催する。定員は各回10組20人。事前の申し込みが必要で、「オンガタマルシェ」のウェブサイトで受け付けている。

 2020年に開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となったため、2019年以来3年ぶりの開催となる。チラシなどでは「オンガタ再起動」とうたう。

 イベントに携わるCREAPの門脇大輔さんは「出展数は前回と変わらないが、新しい方がいろいろと出る。恩方は高齢の方も多い地区なので、ここで店を知って、後日、店に行く流れができたらいい。会場となる公園も面白い。芝生、ちょっとした森の中にある公園スペース、子どもが遊べる遊具があるスペースなどもあるので、レジャーシートも持って来てもらい1日楽しんでもらえれば。これからも毎年1回はやりたい」と意気込む。

 開催時間は10時~17時。入場無料。小雨決行。荒天時は10月1日に順延する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

八王子経済新聞VOTE

「八経」こと八王子経済新聞に期待する記事は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース