3密を避けて新しい生活様式へ!

多摩センターで「トリックオアトリート」-ハロウィーン仮装コンテストも

ココリア多摩センター前の通路に並べられた「ジャックオーランタン」

ココリア多摩センター前の通路に並べられた「ジャックオーランタン」

  • 0

  • List
  •  

 京王線・多摩センター駅を中心に10月29日・30日、秋の恒例イベント「ハロウィン in 多摩センター」が行われた。

仮装した阿部多摩市長

 2003年から毎年10月に実施されている同イベント。多摩センター地区連絡協議会(多摩市鶴牧1)とNPO法人多摩子ども劇場(多摩市乞田)から成る実行委員会が主催。今回で9回目。昨年は台風の接近を受け1日だけの開催となったが、今年は初日から晴天に恵まれ予定通り実施された。

[広告]

 期間中は多摩センターのパルテノン大通りなどを会場に出店が立ち並んだほか、ココリア多摩センター(多摩市落合)前の十字路にはカボチャをくりぬいて作る「ジャックオーランタン」が数多く登場。これまでイラストなどの形で親しまれてきた同イベントのシンボルキャラクター「たまジャック」も今年から実際に参加しイベントを盛り上げた。

 仮装パレードや子どもたちによるパフォーマンスなどさまざまなイベントも展開。30日にはイベントを締めくくる「仮装コンテスト」の決勝も行われ、審査員には自ら仮装した阿部裕行多摩市長などが登場。子どもたちなど予選を勝ち抜いた参加者がそれぞれ工夫を凝らした仮装を披露し、会場には多くの観客も集まった。

 今回のイベントについて、「多くの人に多摩センターを楽しんでもらえたのでは」と同イベント実行委員長を務めた横山陽さん。「このイベントは皆さんが主役。仮装は着てしまえば抵抗はなくなるもの。もっともっと派手に参加してほしい」と来年に向け早くも参加を呼び掛けた。

Stay at Home

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?