学ぶ・知る

八王子市社協、被災地ボランティアに「助成金」-市民からの寄付生かす

市と社会福祉協議会が協働で進める「八王子市災害復興支援ボランティア」

市と社会福祉協議会が協働で進める「八王子市災害復興支援ボランティア」

  • 0

  • List
  •  

 八王子市社会福祉協議会(八王子市元本郷町3)は11月1日、東日本大震災の被災地でボランティア活動を行う市民を支援する「被災地支援ボランティア活動助成金」の受け付けを始めた。

 市と同会では今年7月から、市民による「八王子市災害復興支援ボランティア」を展開。第1期~第3期、第5期では宮城県東松島市、第4期と10月14日~16日までに実施された第6期では福島県相馬市で活動を展開。第6期では各地の仮設住宅の集会所を訪問し、人形劇や紙芝居といった慰問活動を行った。

[広告]

 これらの活動を踏まえ、市民にもっと被災地でのボランティア活動に参加してもらおうと、活動に伴う自己負担の一部を助成する制度を創設。都内初の地域還元型の被災地ボランティア支援制度として、8月から2012年3月31日まで市民や企業、団体に資金の提供を呼び掛け、今回、第1期として350万円の助成枠を用意した。

 特徴は個人に対して助成を行う点。第1期では今月1日~来年3月31日までの間に岩手県、宮城県、福島県の各県でボランティア活動を行う人を対象に助成を実施。ガソリン代をはじめとした交通費、物品購入費、宿泊費、保険料、参加料の5項目を対象に最大1万円、1人1回まで助成を受けることができる。

 1万円という助成額について、「一人でも多くの市民の皆さんが被災地支援ボランティア活動を行っていただくため」と同会。「継続的な被災地支援活動の輪が広がるきっかけや被災地のことを思い続けることにつながれば」とも。

 対象は中学生以上の市民。申請の際には、申請書のほかにボランティアの募集要項や説明会などの際の資料、活動した際の写真や被災地の自治体が発行する「活動証明書」などボランティア活動の実績が証明できるものと領収書が必要。次期以降については、一定額の資金が集まった際に追加で行う予定。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース